新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンターを使用したドアノブなどの感染対策品、一般向けの提供を開始

3D Printing Corporationは、医療関係者やエッセンシャルワーカー向けに3Dプリンターを使用し作製していた感染対策品を、一般の人でも利用できるように「新型コロナウイルス対策サポート」として正式にリリースした。

同社は2019年9月、3Dプリンターを用いた生産施設を横浜に開設。この横浜工場の設備を活かし、新型コロナウイルス感染防止対策として、フェイスシールド、ドアノブツール、ハンドツールを、3Dプリンターを用いて製作していた。

これまでは医療提供者、医療品の製造業者、エッセンシャルワーカー向けの提供だったが、このたび「新型コロナウイルス対策サポート」として正式にリリースされ、誰でも利用可能となった。

これらの提供製品は3Dプリント専用の設計(DFAM)により、軽量な部品を迅速に製造できるよう改良を重ねており、1日最大1000個を生産できる。製品だけでなく、3Dプリント用データでの提供も可能だ。

つばなどの飛沫を防止するフェイスシールドは、フレームパーツを3Dプリントし、その他の部品は身近にあるものを使えるように設計。クリアファイルなどの透明シートをダブルクリップで本品に取り付け、後頭部のフック部に輪ゴムを掛けて使用する。

ドアノブツールは公共スペースなどのドアに設置することで、直接手で触れることなく、腕でドアを開閉できる。

ハンドツールを利用することで、電車やバスのつり革、エレベーターのボタンなど、不特定多数の人が触れる物への直接の接触を避けられる。素材に炭素繊維強化プラスチックを使用しており、吊り下げ時の耐荷重は40kgだ。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る