新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンターを使用したドアノブなどの感染対策品、一般向けの提供を開始

3D Printing Corporationは、医療関係者やエッセンシャルワーカー向けに3Dプリンターを使用し作製していた感染対策品を、一般の人でも利用できるように「新型コロナウイルス対策サポート」として正式にリリースした。

同社は2019年9月、3Dプリンターを用いた生産施設を横浜に開設。この横浜工場の設備を活かし、新型コロナウイルス感染防止対策として、フェイスシールド、ドアノブツール、ハンドツールを、3Dプリンターを用いて製作していた。

これまでは医療提供者、医療品の製造業者、エッセンシャルワーカー向けの提供だったが、このたび「新型コロナウイルス対策サポート」として正式にリリースされ、誰でも利用可能となった。

これらの提供製品は3Dプリント専用の設計(DFAM)により、軽量な部品を迅速に製造できるよう改良を重ねており、1日最大1000個を生産できる。製品だけでなく、3Dプリント用データでの提供も可能だ。

つばなどの飛沫を防止するフェイスシールドは、フレームパーツを3Dプリントし、その他の部品は身近にあるものを使えるように設計。クリアファイルなどの透明シートをダブルクリップで本品に取り付け、後頭部のフック部に輪ゴムを掛けて使用する。

ドアノブツールは公共スペースなどのドアに設置することで、直接手で触れることなく、腕でドアを開閉できる。

ハンドツールを利用することで、電車やバスのつり革、エレベーターのボタンなど、不特定多数の人が触れる物への直接の接触を避けられる。素材に炭素繊維強化プラスチックを使用しており、吊り下げ時の耐荷重は40kgだ。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. 80歳のメカニックが飛ばないドローンを部品から手作り
  3. Raspberry Piで動かす電車のおもちゃ「Fame Toys ブリッジャー」発売
  4. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  5. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  6. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  7. 梨衣名が教えるものづくり中国語講座 vol1 中国との取引でこの言葉ができたら要注意!「差不多」
  8. Moddable+M5StackでIoTアプリケーション開発——インプレスR&D 、「実践Moddable」発刊
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る