新しいものづくりがわかるメディア

RSS


8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売

スイッチサイエンスは、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を2020年5月28日に発売した。

同モデルの最大の特徴は、メインメモリとなるLPDDR4が8GBにグレードアップしたことだ。

Raspberry Pi 4 Model Bは2019年6月24日に発表された。SoCとして使用しているBCM2711(ARM Cortex-A72、1.5GHz 4コア搭載)は最大メモリ容量が16GBだが、これまでのモデルではメモリ容量は1/2/4GBの3種類のみ選択可能だった。

前モデルよりスペックが向上しているため、用途によっては排熱対策用品が必要となる。各種コネクタも変更されているため、前モデルのアクセサリを流用できない可能性がある点に注意が必要だ。

価格は1万340円(税込)で、スイッチサイエンスのウェブショップで販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 80mm/s以上でも安定した造形——Anycubic、FFF方式3Dプリンター「Kobra Plus」発表
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. システムクリエイト、デスクトップで軽金属を切削できる「BANTAM TOOLS 卓上CNCフライス盤」を発売
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る