新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3名1チームでプログラミング力を競う——企業、学校対抗プログラミングコンテスト「PG BATTLE 2020」開催

システムインテグレータが、3人1チームの団体戦によるリアルタイムでプログラミングスキルを競うコンテスト「PG BATTLE 2020」を開催する。

PG BATTLEは、3人1チームで争う団体戦で、オンラインで4つ問題に対して90分でリアルタイムでプログラム作成し技術力を競う。判定はプログラミングスキル判定サービス「TOPSIC」を使う。2018年に開催された第1回は260チーム780人、第2回は444チーム1332人が参加し、今回が3回目となる。

コンテスト開催は、2020年10月24日13:00~14:40で、自席や自宅などからインターネット経由でオンラインにて参加する。「企業の部」、「大学&大学院、高専、専門学校の部」、「高校、中学、小学の部」の3部門が設定されており参加費は無料。各部門の1位に24万円分、2位に12万円分、3位に6万円分のAmazonギフト券が贈呈される。その他にも各部門にてスポンサー賞が用意される予定だ。

エントリーは2020年7月10日から同年10月11日。1団体で複数チームのエントリーは可能だが、1人が複数のチームに参加することはできない。プログラミング言語はJavaやC#、Ruby、Python、PHPなどから得意な言語を選択できる。今回同時にスポンサー企業も募集している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 最高速度マッハ5以上——DARPA、極超音速巡航ミサイルの飛行試験に成功
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  5. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  6. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. Raspberry Piを使って味わい深いデジタルトイカメラを作ってみた
  9. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る