新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」

Raspberry Piベースで8インチタッチスクリーンを搭載したタブレット型端末「CutiePi Tablet」がKickstarterに登場し、出品後4時間で目標額を達成する人気を集め、#6まですべてのストレッチゴールをオープンしている。

photo

CutiePi Tabletは、Raspberry Piの利用経験者が一度は体験するであろう、マウスやキーボードなど周辺機器のセットアップの煩わしさを解消できるオープンソースのソリューションだ。

photo

解像度1280×800のタッチスクリーン、500万画素カメラ、電源ボタンを搭載し、インタフェースもGPIOピン、USB Type-A、USB Type-C、micro HDMIポート、microSDスロットと豊富だ。ハンドルは可動式で、折り曲げればタブレットスタンド代わりにもなる。大きさは、213×134×12mm(ハンドル部分は含まない)。

photo

Raspberry Pi Compute Module 3+ Lite(CM3+)ベースのキャリアボード、Raspberry Pi OSと独自開発のモバイルUX向け「CutiePiシェル」を採用。ロックのスワイプ解除や、入力のフリック操作など、一般的なタブレット同様の感覚で使える。Wi-Fi、Bluetooth 4.0に対応する。

photo

ハードウェア、ファームウェア、筐体、インタフェースなど、すべてオープンソースとしていることも特長だ。

photo

CutiePi Tabletは、今なら2万400円で手に入る。出荷は2020年11月の予定だ。2020年8月14日までクラウドファンディングを実施中で、8月5日時点で、約377万円の目標額を大きく上回る1300万円以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る