新しいものづくりがわかるメディア

RSS


センサーを使って家電を自動操作——スマートリモコン「Nature Remo 3」発売

Natureは、既存の家電を操作できるスマートリモコン「Nature Remo」の最新版「Nature Remo 3」を発売した。

photo

Nature Remoは、スマートフォンの専用アプリから自宅等の家電を操作でき、スマートスピーカーと連動することで声による操作も可能だ。最新版のNature Remo 3では、Bluetooth Low Energy(BLE)を搭載して初期設定が簡単になり、より筐体が軽量/小型になった。

また、搭載する各種センサーの精度が向上し、人感センサーを使って部屋に人が入ったら照明を自動的に点灯したり、湿度センサーおよび温度センサーによって一定の温度や湿度を超えた場合に冷房や除湿を自動的にONできるようになった。その他にもGPS機能によって自宅に近づくと自動でエアコンをONにしたり、タイマーに設定した時間にテレビを自動的にONしたりできる。

BLEによって、ロビットが提供するめざましカーテン「mornin' plus」と連携でき、カーテンの自動開閉や、声によるカーテンの開閉(スマートスピーカーとの連携も必要)ができるようになった。あらかじめ設定しておくことで、スマートフォンアプリを通じて自宅等の家電を遠隔操作でき、旧型の家電にも対応する。

対応OSはiOS12.0以上、Android6.0以上、通信はWi-Fi 802.11 b/g/n、赤外線、Bluetooth Low Energy。本体サイズは70×70×18mmで重量は約40gだ。同社直販サイトおよびAmazonサイトで販売し価格は9980円(税込)だ。

また、今回Nature Remo 3発売に合わせて、旧モデルNature Remoの価格を、9980円から8980円(税込)に改定した。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る