新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派

エンジニアのMichael Pick氏が2020年8月23日、高さがレッドブル・エナジードリンク473ml缶ほどのミニチュアiMacを製作し、動画をYouTubeで公開した。筐体は3Dプリント製で、小型ディスプレイとRaspberry Pi 4を収めている。Pick氏によれば、「世界最小のiMac」だ。

まず、3Dプリンターを使って筐体を作り、ポータブルディスプレイをセットする。Raspberry Piはディスプレイの中央部にマウントする構造だが、そのままだとバックパネルに収まらないとして、Raspberry Piを物理的に薄くしている。USB3.0ポートとUSB2.0ポートの1系統とイーサネットポートを削り、残り2つのUSBポートをディスプレイ下部から出るように配策した。BluetoothとWi-FiがあればMacユーザーには十分だろうと、Pick氏は動画中で述べている。

その後、フロントパネル、バックパネル、スタンドを下塗りし、すべて銀色に塗装し、さらに黒色の部分を黒で重ね塗りするなど、外観を整えていく。Appleのロゴも丁寧に作り上げている。

最終組み立て工程では、USB-C電源ケーブルとUSBデータケーブルの差込口をバックパネルに糊付け。Raspberry Pi 4の冷却用にアルミニウムヒートシンクを貼り、バックパネルには小型ファンを取り付けた。

動画ではOSの導入については触れられていないが、ベンチマークテストとしてミニチュアiMacでマインクラフトが快適に動作している様子を紹介している。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  8. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  9. Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース
  10. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る