新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プログラム可能なAIカメラ「OpenNCC」

AIカメラ「OpenNCC」がMakuakeにて出資を募っている。

同製品はIntel Movidius VPUを内蔵し、OpenVINOと互換性のあるプログラム可能なAIカメラだ。

ネットワークやクラウド接続を必要とせずに、ディープニューラルネットワーク上のカメラセンサーから、テストやチューニングに加えプロトタイピングやリアルタイム出力の提供が可能だ。顔認識機能を利用した防犯カメラや、商業施設の入口における新型コロナウイルス感染拡大防止のための体温測定、カメラによる製品チェックなどのソフトウェアのベースとして活用できる。

全てのOpenVINOモデルと互換性を有しており、標準フォーマットのモデルであれば構成ツール(OpenNCC Viewソフトウェア)を介して使用できる。なおOpenNCC Viewの対応OSはLinuxのみで、利用にはLinux系列OS(Ubuntuなど)が利用できるPCを用意した上で、OpenNCC Viewをインストールする必要がある。

本体寸法は50×50×56mm(ケースなし:38×38×45mm)、重量は135g。解像度は1920×1080、視野角は50°、フレームレートは30Hzで、USB-C2.0/3.0インターフェースに対応している。出力形式としては、YUV/H.264/MJPEG形式のマルチビデオフォーマット出力をサポートする。

対応言語はC/C++/Pythonで、関連するAPIインターフェースを呼び出してカメラのパラメーター設定やモデルのダウンロード、出力するビデオのパラメーター設定を実装できる。

価格は7万5000円。Makuakeでは20%オフとなる6万円で購入できるプランを用意している(価格は全て税込)。

OpenNCCはMakuakeで2020年11月29日までクラウドファンディング中だ。目標金額は5万円で、製品の発送は2021年3月末までを予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  9. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る