新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ネコの尿潜血をチェック——ペット用ヘモグロビンチェッカー「PetEye1」

ネコの病気の予兆である尿潜血を見つけるペット用ヘモグロビンチェッカー「PetEye1」が、CAMPFIREに登場した。

photo

ネコは泌尿器系の病気に掛かり易く、膀胱炎、尿道炎、尿路結石、前立腺炎、腎疾患など多くの病気では症状として尿に血が混じるとされる。

家庭のトイレで尿や便に血が混じっていないか確認できる光学式潜血センサー「RedEye1」を元にして、血液の吸収スペクトルを分光光度計で検知する技術をペット用に最適化したのが、ペットの健康を守る為のチェッカーPetEye1だ。

photo

ネコ用トイレで使用されている固まる猫砂や、ネコ用システムトイレで使われるペットシートを、検査用容器に入れてから水を加えて尿に混じった血液を検知できたことで開発を開始。ほとんどの固まるタイプの猫砂やペットシートにしみ込んだ尿中の血液を検出できるという。

本体は1500mAhリチウム電池を内蔵し、サイズが30×55×270mm、重量200g。充電ホルダー、本製品専用の消耗材、生物分解するパルプを使用した使い捨ての光学検査用フィルター(40枚入り1パック)、取扱説明書を同梱する。

photo

リターンは一般販売予定価格6万5500円のPetEye1を、PetEye1本体パッケージ+専用フィルターのセットが数量限定4万5850円などとなっている。

PetEye1はCAMPFIREで2021年4月9日までクラウドファンディング中だ。目標額5万円で、発送は2021年6月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る