新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス「M5Stack UnitV2 AI カメラ」を発売

スイッチサイエンスは2021年5月26日、AIカメラモジュール「M5Stack UnitV2 AI カメラ」の販売を開始した。

同製品は、M5Stackが開発したLinuxで動作するスタンドアローンのAIカメラモジュールだ。M5Stack開発用のAI認識アプリケーション(顔認識、物体追跡、色追跡、形状認識、バーコード認識など)を内蔵しており、オリジナルのAIアプリケーションを素早く構築できる。

また、USB LANを内蔵しているため、USB-CインターフェースでPCに接続すると自動的にネットワークに接続可能だ。認識されたコンテンツは全てUARTシリアル通信経由で自動的に出力される(JSON形式)。

コアにはSigmaStarのSSD202D(ARM Cortex-A7 デュアルコア 1.2GHz)を採用しており、128MB DDR3メモリ/512MB NANDフラッシュメモリ、1080Pカメラ、2.4GHz Wi-Fi(802.11 b/g/n)、冷却ファンを搭載している。

製品サイズは48×18.5×24mm、パッケージサイズは157×38×38mm、重量は18g。スイッチサイエンスでの販売価格は9592円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る