新しいものづくりがわかるメディア

RSS


日本3Dプリンター、ポリプロピレンフィラメント「3D magic」の造形レポート掲載

日本3Dプリンターは、ナノダックスが開発した国産3Dプリンター用ポリプロピレンフィラメント「3D magic」を使用した「ポリプロピレン-GWフィラメント」の造形レポートを2021年6月7日に掲載した。Raise3D Pro2を使用した造形例で、WebサイトRaise3Dのフィラメント技術レポートにある。

photo ​約150×150×60ミリのポンプハウジングの大型造形でも反りなく造形できたという。

同社によると、ポリプロピレンは引張強度、衝撃強度、耐薬品性など機械的特性の優れた樹脂だが、3Dプリンターで使う場合、収縮率の高さゆえに反りなどにより造形難易度が高く寸法精度を得られず、扱いが非常に難しい素材だ。

こうした課題解決のため、ナノダックスではポリプロピレンの中にグラスファイバーよりも極細なグラスウールを充填し、収縮率の高さを抑え反りが少なく寸法安定性に優れた3D magicを製品化した。

photo ​左:BASF PP(ナチュラル) 右:3Dmagic

レポートでは、ボートサンプルを造形し、3D magicの特徴を確認。ナチュラルポリプロピレンのボートと比較して、ブリッジの部分も垂れずに綺麗に造形でき煙突部分も歪みがない。材質がポリプロピレンの3D magicは、ビルドプレートにポリプロピレンシートの貼り付けが必要不可欠だが、造形に影響が出るほどの反りは無く、ナチュラルポリプロピレンよりもポリプロピレンシートへの定着性が高い。

photo

フィラメントにグラスウールが入っているため、通常の真鍮ノズルでは摩耗のリスクがあり、タングステン強化ノズルに交換が必要だ。グラスウールはグラスファイバーよりもノズルへのダメージは少ないが、わずかな摩耗は避けられないとのことだ。

3D magicのRaise3D用テンプレートはOFPのページよりダウンロード可能。フィラメントの安全データシートやテクニカルデータシートもRaise3Dのダウンロードページにて参照可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る