新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高出力レーザー搭載のコンパクトな金属レーザー加工機「Runmecy」

香港揚名は2021年8月24日、コンパクト金属レーザー加工機「Runmecy」のクラウドファンディングをCAMPFIREにて開始した。

同製品の最大の特徴は、5000mWの高出力レーザーを搭載していることだ。家庭用のDIYだけでなく、店舗向けでの使用、プロダクションマーキングなど、さまざまな用途に対応できる。

彫刻の最大範囲は90×80mm、解像度は510dpi。ドイツ製のOSRAMレーザーチップを採用し、レーザーを従来品の直径0.2mmから0.08mmに圧縮することで、レーザー刻印技術の向上を図っている。

ステンレスや炭素鋼などの金属、ダークグラスや着色セラミック、木や竹、レザーや紙などさまざまな素材に刻印および切断できることも特徴だ。バッフルは取り外せるため、使用しない時はコンパクトに収納できる。

スマホアプリでの利用の場合、アプリを通じてプレビューが確認できるので、位置を確認しながらの調整が可能だ。この他、アプリにはカッティングパズルのライブラリや白黒コントラスト比/グレー画像調整、色調反転、文字入力などの機能を搭載している。また、Wi-Fiを経由せず、Bluetoothを利用して接続が可能だ(PCでの利用時はUSBケーブルにて接続)。対応OSはAndroid 6.0、iOS 10、Mac OS 10.14以上、Windows 7/8/8.1/10だ。

一般予定販売価格は5万9800円。CAMPFIREでは早割価格として28%OFFとなる4万3056円で購入できるプランなどを用意している。(価格は全て税込) RunmecyはCAMPFIREにて同年9月30日までクラウドファンディング中だ。目標金額20万円に対し、12万9000円以上の支援を集めている。リターンの出荷は同年12月の予定だ。

スマホアプリでの操作
Runmecyについて

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る