新しいものづくりがわかるメディア

RSS


工業用グレードのペレットが使用できる大型3D積層造形機「EXF-12」、ExtraBoldが販売

ExtraBoldが、工業用グレードのペレット材が使用可能で高速造形に対応した樹脂押出方式の大型3D積層造形機(3Dプリンター)の量産機「EXF-12」を2021年9月に発売する。

EXF-12は樹脂ペレット材を、射出成形スクリューを利用した独自設計のヘッドによって熱溶解押出積層造形する方式を採用。一般的な樹脂ペレットやリサイクル樹脂ペレットも利用できる。最大時間当たり15kgの安定した高速造形が可能だ。造形可能サイズは最大1700×1300×1000mm。

同製品は高剛性フレームとボールねじ、およびFANUC制御により動作を安定させている。その他、樹脂収縮を抑えるためのチャンバールームも備える。

自動車向けパーツや家具などの製品の造形をはじめ、住宅関連や大物の樹脂型、鋳型などのマスターモデルでの活用も想定しているという。

EXF-12の外装デザインは、金沢市のプロダクトデザイン会社であるseccaが担当した。

EXF-12の特色について EXF-12の特色について

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る