新しいものづくりがわかるメディア

RSS


金属表面に数秒で刻印できる——軽量コンパクトなレーザー刻印機「M1」

さまざまな金属表面に精密に素早く刻印が可能なポータブルレーザー刻印機「M1」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

M1は、持ち運びできる軽量でコンパクトなボディーながら、波長1064㎚のIRパルスレーザーで高速な精密刻印ができるレーザー刻印機だ。刻印精度は1μm、加工速度は最高毎秒10mだとしている。

photo
photo

レーザーヘッドに内蔵した電気光学変調素子(EOM)が2Wの連続レーザー出力をピークパワー15kWのIRパルスレーザーへ変換し、あらゆる金属の堅い表面にも効果的に刻印を施す。金属以外にもアクリルや革、プラスチック製品、塗装した表面など、さまざまな対象物の刻印に対応する。また、精度1μmの高精細な刻印が可能だとしている。

photo

操作はWindows対応の専用ソフトウェアで行い、USBでパソコンと接続する。加工手順はシンプルで、対象物を加工ベッドに置き、ソフトウェアにイメージをアップしパラメーターをセットする。あとは加工位置とサイズを確認すれば加工準備が整う。

photo

加工ベッドはタップ加工されており、対象物を固定する治具を取り付けられる。ソフトウェアはJPG、JPEG、PNG、BMP、DXF、PLTなどのファイル形式に対応し、エディターでは写真やイラスト、文字の加工や編集ができ、刻印の深さや幅、多彩なグレースケール効果の調節も可能だ。

photo

M1は耐久性の高いオールメタル構造で、冷却ファンを内蔵しており、5万時間以上の長寿命設計だという。5時間の連続運転で電源を自動で落とし、オーバーヒートを防ぐ安全機能も搭載する。

photo

レーザーヘッドは180°回転でき、加工ベッドの反対側で大きな対象部の刻印をすることもできる。本体の横には加工用のワンタッチボタンがあり、生産向けの連続加工にも対応する。本体サイズは300×200×320mmで重さは約6kg、最大加工サイズは75×75mmだ。

photo

M1の予定小売価格は2598ドル(約29万7000円)で、今なら数量限定早割価格1499ドル(約17万円)で入手できる。保護メガネ、L字型の位置決め治具、六角レンチ、USBメモリ、ケーブル、定規などが付属する。2021年11月の出荷を予定しており、送料100ドル(約1万1400円)で日本への出荷に対応する。

M1は、2021年10月22日までクラウドファンディングを実施中。10月18日時点で、1万ドル(約114万円)の目標額を大きく上回る約41万ドル(約4750万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る