新しいものづくりがわかるメディア

RSS


PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC

冷却液にリキュールを使ったPCの自作という面白い動画が公開されている。これは、ドイツ産リキュール「イエーガーマイスター」を製造販売するイエーガーマイスター社が、プロモーションのためにTech系YouTuberに作らせたものだ。

イエーガーマイスターは、56種類ものハーブが入ったアルコール度数35度のリキュールで、1935年から世界各地で販売されている。イエーガーマイスターの米国法人のホームページには、「イエーガーマイスターにはマイナス18℃が最適であり、コンピューターは適切に冷却された場合に最高の能力を発揮します。これらを考慮して、当社は世界のゲーミングPCの冷却にはイエーガーマイスターが必要だと気づき、(Tech系YouTuberの)「BITWIT」に制作を依頼しました」とある。

製作されたカスタムPCは、AMD Ryzen 9 5950X(16コア、3.4GHzクロック)ベースのゲーミングPCで、イエーガーマイスターの瓶と同じ緑色に塗装されロゴがレーザー刻印されたキャビネットに納められている。

このPCに、冷却液としてイエーガーマイスター1.5リットルを注ぎ込み、「Cinebench R23」ベンチマークテストを5分間走らせたところ、CPUの温度は最高56.9℃で、他のAMD Ryzen 9 5950XベースのPCより10℃低いという。ビデオゲーム「Shadow of the Tomb Raider」を15分間プレイした場合でも、CPUの温度は最高56℃に留まった。

実際には、イエーガーマイスターやビールに限らず、アルコール類を冷却液として循環させることには安全上の課題があり、製作者も「短時間の温度的メリットや楽しさはあるとしても、どんな場合でもこの方法は安全とは言えない」としている。テストの後、イエーガーマイスターは深紅色の冷却水に交換されたようだ。

動画は最後に、「今回の製作は、イエーガーマイスターの最良の利用方法は飲むことだと教えてくれた」と、締めくくられている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る