新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソラコムが「自分で学べるIoT通信講座」を開催──デバイスを無料で貸し出し

ソラコムは、無料でデバイスを貸し出し、IoTのセルフラーニングを支援する「自分で学べるIoT通信講座」を2021年11月25日から2022年2月28日まで実施する。

同社では、IoTシステムの開発者向けセミナーのほか、IoTデバイスを1個単位で購入できる通販サイト「SORACOM IoTストア」や、利用シーンごとの開発手順書「IoTレシピ」を拡充してきた。また2021年7~8月には「IoT通信講座」を実施し、200名以上の申し込みがあった。今回開催される通信講座は、この第2弾となる。

今回貸し出し対象となるのは、GPSと温度/湿度/加速度を計測できるセンサーが一体となった「GPSマルチユニット」、Raspberry Piとウェブカメラがセットになった「簡易監視カメラキット」、Arduino互換のマイコンボードと7種類のセンサーがセットになった「Grove IoT スターターキット」の3種類だ。

なお、デバイスの利用にはSORACOM SIMが必要になる。データ通信は有料となるが、全ての貸し出しデバイスに300MB分のデータ通信料金が含まれるIoT SIM 300MBパックが付属する(月額330円・税込)。

講座への参加にはSORACOMアカウントの作成が必要となる。デバイスの貸出期間は約3週間で、開催期間中は専門家に質問できる「IoT相談室」も開催する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る