新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リアルテックファンド、建設作業支援ロボットなどを開発する建ロボテックに投資

リアルテックホールディングスが運営するリアルテックファンドが、建設現場の省力化/省人化のためのロボット開発などを行う建ロボテックに投資を実施した。

建ロボテックは、建設現場出身の創業者が2013年に設立。建設現場のニーズに沿った実践的な省力化/省人化に貢献するソリューションを開発している。これまで鉄筋の結束作業を自動化するロボット「トモロボ」や、鉄筋施工ソリューションサービス「速鉄」などを提供してきた。

同社は今回の資金調達で、鉄筋結束作業領域のロボットの利用促進、およびその他領域のロボット開発などを加速させる。具体的には、建設現場の生産性向上や建設のDXに貢献するための開発、製造、販売コスト、またコンサルティングを担う人材採用コストなどに充当する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る