新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino IDEで使用できるCH55xの解説書「PICやAVRの代わりにCH55xはどうでしょう」が発刊

中国の半導体メーカーであるWCHの8bitマイコン「CH55x」シリーズについて解説する書籍「PICやAVRの代わりにCH55xはどうでしょう」が、2022年1月22日に発刊された。スイッチサイエンスが受託販売している。

半導体が不足する状況下、PICやAVRといったマイコンの入手も難しくなってきている。著者は、代替となる選択肢としてCH55xシリーズを提案。同シリーズのうち、CH552は小型パッケージ品もあり安価で、Arduino IDEでも使用できるといった利点がある。

活用例も見掛けるようになってきたが、同シリーズに関する情報の中には古いまま伝わっているものもある。そこで、概要とArduino IDEからの使用方法などについて情報を整理しようと本書を執筆したという。

本書では同シリーズの概要などの他に、レジスタの解説や、CH55xシリーズが登場した技術的な背景に関する考察なども掲載されている。

著者は秋田純一氏。スイッチサイエンスのサイト上で、880円(税込)で販売している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る