新しいものづくりがわかるメディア

RSS


円形ディスプレイ付き端末を自作——Framework Mainboard搭載「Mainboard Terminal」

一見するとレトロな置き時計のようにも見えるが、第11世代Intel Core搭載メインボードを採用した端末「Mainboard Terminal」の作製方法がGitHubで公開された。

Mainboard Terminalを作製したのは、以前fabcrossで紹介した「CutiePi Tablet」の開発元の一員であるPenk Chen氏(以下、Penk氏)だ。メインボードにはFrameworkの「Mainboard」を採用。ディスプレイには直径5インチ(127mm)の円形LCDスクリーンを、キーボードにはOLKBPreonicメカニカルキーボードをそれぞれ採用している。LCDスクリーンの解像度は1080×1080だ。

OSには「Ubuntu 22.04 LTS」を使用しており、GitHubにはディスプレイの解像度を設定するコマンドやパッチなどが公開されている。

Mainboard Terminal
Mainboard Terminal
Mainboard Terminal

丸みを帯びた筐体は全て3Dプリント製で、見た目の美観などの理由から5×2mmのマグネットで緩めに固定している。Penk氏は、USB4ポートを利用するには、ねじ穴や切り込みを追加することを推奨している。

Penk氏によると、かねてからこういった円形ディスプレイの端末が欲しかったが、Framework Mainboardの平面図が公開されたことで、ようやく自作してみることができたとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る