新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IOピンにケーブル接続できる「Raspberry Pi Pico用ターミナルブロック基板」発売

スイッチサイエンスが、Raspberry Pi Picoのピンをターミナル端子で引き出すことができる「Raspberry Pi Pico用ターミナルブロック基板」を発売した。

同基板はRaspberry Pi Picoの各ピンをターミナル端子に変換することで、Raspberry Pi PicoのIOピンにケーブルで接続できるようにする。ターミナルブロックはレバー型を採用した。5Vの外部電源供給ピンは、USBの5V電源と共存でき、Raspberry Pi Pico用のリセットボタンも搭載している。基板サイズは86.36×63.5mmだ。

Raspberry Pi Pico用ターミナルブロック基板はスイッチサイエンスの自社製品で、価格は2860円(税込)。同社オンラインショップで販売中だ。「Raspberry Pi Pico」本体は本製品に付属せず、別売り。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る