新しいものづくりがわかるメディア

RSS


SOLIDWORKS WORLD 2016レポート

才能を持った頭脳が集結する、ソーシャルエンジニアリングこそがファブラボの秘密——“ファブラボの父”ガーシェンフェルド氏インタビュー

アフリカのファブラボも、東京と同じ使われ方

——先進国だけでなく発展途上国でもファブラボの設置が進んでいます。

「発展途上国にも多くのファブラボがあります。実は日本からファブラボを通じてルワンダを支援するというプロジェクトも生まれています。途上国だからといって特殊なことはなく、他の国々と非常に似ています。先進国には先進国なりのファブラボの使い方があり、アフリカなどではまさに発展のためのファブラボの使い方がある、と思っていたのですがそれは間違いでした。発展途上国でも、東京と同じようにビジネスや教育や遊びのためにファブラボが利用されていて、まったく変わりません。

——民間企業などがある程度収益を意識してファブ施設を運営するケースが出てきています。本家のファブラボのモデルは、社会や産業においてどのような役割を担うことを望んでいますか。

「なんだかコンピュータの役割とは? と尋ねられているように思えますね……。大手企業、例えばトヨタやエアバスは、デジタルファブリケーションがいまのものづくりのやり方をどのように変革するかを慎重に吟味し、非常に長期的な展望を持ってどのような変革が起こるのか見据えた上で進めます。大企業は、それに基づいて自らを作り直すことができると思います。一方で、小規模なベンチャー/スタートアップはテクノロジーを非常に貪欲に取り込んでいきます。問題は中堅どころの企業ではないかと思います。単に新しいマシンを使って今までやってきたことをやろうと考えるのが中堅企業の特徴だと考えていますが、そうであれば生き残れないのではないでしょうか。

ファブラボではものづくりができます。しかし、ファブラボの最もよい成果物は“もの”ではありません。Googleが検索自体を売り物にせず、検索によって得られるメリットから収益を得ているように、ファブラボにおける面白いビジネスモデルは、ものを作って売ることではなく、ものを作ることによって得られるメリット、あるいはものづくりそのもののメリットを収益源とするものです」

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る