新しいものづくりがわかるメディア

RSS


今週行ってみたいイベント

【写真レポート】あの頃のラジカセが100台集結——大ラジカセ展 が池袋パルコで開催

fabcrossでもおなじみ、家電蒐集家の松崎順一さんが監修した「大ラジカセ展」が2016年12月9日から27日まで東京・池袋パルコ本館のパルコミュージアムで開催される。
会場では100台のヴィンテージラジカセが展示される他、カセットテープや当時のパンフレットなど貴重な資料も展示される。12月8日に行われたメディア、関係者向けの内覧会の様子をレポートしたい。

懐かしいアイテムから珍品まで100台のラジカセが集合

「チープ&キュート」と題されたコーナーでは、国内外のポップなデザインのラジカセが展示されている 「チープ&キュート」と題されたコーナーでは、国内外のポップなデザインのラジカセが展示されている
「ヒップホップ」コーナーには大型のラジカセが多数展示されている 「ヒップホップ」コーナーには大型のラジカセが多数展示されている

会場では松崎さんのセレクトによるラジカセがテーマごとに展示されている。製品の展示以外にもカセットテープやラジオ番組のポスターなどの展示、クリエイターによるカセットテープのコレクションもあり、多面的に当時の文化を体感できる。




王道のラジカセだけでなく、楽器やテレビなど多機能ラジカセも多数あり、ラジカセの奥深さが伺い知れる内容となっている。

 

キーボード付きラジカセ、「SANYO KBX-7」 キーボード付きラジカセ、「SANYO KBX-7」
シーケンサーが搭載されたラジカセ「SONY CFS-C7」 シーケンサーが搭載されたラジカセ「SONY CFS-C7」
中古カセットテープで埋め尽くされた壁。当時使っていたカセットテープが見つかるかもしれない。 中古カセットテープで埋め尽くされた壁。当時使っていたカセットテープが見つかるかもしれない。
東京・中目黒にあるカセットテープ専門店「waltz」の協力により、カセットテープに収録された世界中のアルバムも販売している。いずれも現役で流通しているものだ。 東京・中目黒にあるカセットテープ専門店「waltz」の協力により、カセットテープに収録された世界中のアルバムも販売している。いずれも現役で流通しているものだ。

次の時代を担うデザイナーやエンジニアが、原点に触れる場所

「大ラジカセ展」を監修した家電蒐集家の松崎順一さん。NHKの朝の連ドラでも時代考証に関わるなど、活躍の幅を広げている。 「大ラジカセ展」を監修した家電蒐集家の松崎順一さん。NHKの朝の連ドラでも時代考証に関わるなど、活躍の幅を広げている。

「大ラジカセ展」の開催について松崎さんは「日本の家電メーカーが疲弊している現状に対して、日本が世界に誇れるプロダクトを作っていた頃を振り返り、エッセンスを感じ取ることで未来につなげてほしいという思いが『大ラジカセ展」には込められています。
マニアの人だけに向けたものではなくて、次の時代を担うデザイナーやエンジニアにも来ていただき、原点を感じ取ってほしいと思います」とコメントしている。

筆者が高校生の頃に使っていたラジカセと「再会」。思わず声が出てしまった。 筆者が高校生の頃に使っていたラジカセと「再会」。思わず声が出てしまった。
会場では完全動作品のラジカセも販売。数が限られているので気になる人は早めに会場に行こう

日本発アナログ合体家電『大ラジカセ展』
会期:2016年12月9日(金)〜12月27日(火)10:00~21:00(最終日は18:00閉場)
※入場は閉場の30分前まで
会場:パルコミュージアム 池袋パルコ本館7F
オフィシャルサイト:http://dairadicasseten.haction.co.jp/

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  6. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  7. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  8. 119の“しかけ”をめくってプログラミングを学ぶ——「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」発刊へ
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る