新しいものづくりがわかるメディア

RSS


今週行ってみたいイベント

スポーツと健康、人間をサポートするデザイン——「GOOD DESIGN AWARD 2019 楽しむ・感じる・装う スポーツと健康のデザイン」(丸の内)

2019年10月2日に発表された2019年のグッドデザイン受賞作。その中からスポーツや医療などの健康にテーマを絞って受賞作を紹介し、身体や意識をも変えるデザインの力に触れてもらう展示「GOOD DESIGN AWARD 2019楽しむ・感じる・装う スポーツと健康のデザイン」が2019年11月2日までGOOD DESIGN Marunouchiで開催されている。

パッケージは人の心を動かし、生活スタイルまでも変えていく

さまざまなジャンルと評価基準で選ばれたパッケージが展示されている。 さまざまなジャンルと評価基準で選ばれたパッケージが展示されている。

製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなど、われわれを取りまくさまざまなものごとを対象としている日本で唯一の総合的なデザイン賞であるグッドデザイン賞。2019年も国内外からさまざまな分野の最新のデザインが応募され、暮らしや産業の質を高め、新たな社会の活力を生み出すデザインがグッドデザイン賞を受賞した。本展では「運動」「身体」「健康」をキーワードに、今注目のスポーツプロダクトからフィットネス、医学に関するデザインまで約40点を紹介している。見どころとして、GOOD DESIGN Marunouchiでの展示では、大型のモビリティなどパネル展示で行うことも多いのだが、本展では比較的多くのモビリティを実物展示しており、デザイナー、エンジニア両方に嬉しい展示となっている。

「エアバギー キックアンドスクート」:幼児用キックバイク&キックスクーター。ハイドロフォーミング加工によってメインパイプ2本で、高強度、低重心な美しい流線形デザインを実現している。 「エアバギー キックアンドスクート」:幼児用キックバイク&キックスクーター。ハイドロフォーミング加工によってメインパイプ2本で、高強度、低重心な美しい流線形デザインを実現している。
「SWANS E-NOX EIGHT8」:このスポーツアイウェアはフレームの両サイドのラインを上下に交差した「ツイストテンプル」という形状が特徴で、これによりフレキシブルかつ軽量、高い装着感などを実現した。 「SWANS E-NOX EIGHT8」:このスポーツアイウェアはフレームの両サイドのラインを上下に交差した「ツイストテンプル」という形状が特徴で、これによりフレキシブルかつ軽量、高い装着感などを実現した。
「Can-Am Ryker」:コンパクトでユニークなデザインが特徴のオフロード三輪バイク。ハンドルやステップを工具なしで調整できるので小柄な人も乗りこなせる。ボディーパネルの一部も交換可能でカスタマイズ性もある。 「Can-Am Ryker」:コンパクトでユニークなデザインが特徴のオフロード三輪バイク。ハンドルやステップを工具なしで調整できるので小柄な人も乗りこなせる。ボディーパネルの一部も交換可能でカスタマイズ性もある。
「COCOKA(ココカ)」:コンパクトで軽量、折りたたみもできる電動車椅子。従来のコンパクトな電動車椅子にはなかった、背もたれの張りが調節可能で、座り心地を考えたシートクッションを標準装備している。 「COCOKA(ココカ)」:コンパクトで軽量、折りたたみもできる電動車椅子。従来のコンパクトな電動車椅子にはなかった、背もたれの張りが調節可能で、座り心地を考えたシートクッションを標準装備している。
「シチズン振動体温計 (CTEB720VA、CTEB718V)」:音だけではなく振動でも検温終了を知らせることで、音の聞き取りづらい高齢者や聴覚障害者でも分かりやすい仕様となっている。 「シチズン振動体温計 (CTEB720VA、CTEB718V)」:音だけではなく振動でも検温終了を知らせることで、音の聞き取りづらい高齢者や聴覚障害者でも分かりやすい仕様となっている。
「頭蓋形状矯正療法ヘルメット アイメット」:今まで米国製が主流だった、乳幼児の頭蓋変形を矯正するヘルメットを、日本やアジアの乳幼児の骨格と高温多湿な気候条件に最適化させて構造設計した完全オーダーメイドの純日本製ヘルメット。 「頭蓋形状矯正療法ヘルメット アイメット」:今まで米国製が主流だった、乳幼児の頭蓋変形を矯正するヘルメットを、日本やアジアの乳幼児の骨格と高温多湿な気候条件に最適化させて構造設計した完全オーダーメイドの純日本製ヘルメット。

人生100年時代に突入し、いかに健康に長く生きるかが重要になってきた昨今、“スポーツと健康”というテーマは2019年にふさわしいテーマだと感じた。また技術の進化と共に身体に対するデザインのアプローチも変化し、さらに2020年に向けてスポーツ分野のデザインに注目が高まり進化が加速している今、デザインやテクノロジーの現場でどんな事物が生まれているか展示を通して確かめてみてほしい。

「GOOD DESIGN AWARD 2019楽しむ・感じる・装う スポーツと健康のデザイン」
会期:2019年10月2日(水)~2019年11月2日(土) 11:00~20:00
会場:GOOD DESIGN Marunouchi(東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F)
入場料:無料
休館日:10月6日(日)
オフィシャルサイト:https://www.g-mark.org/gdm/exhibition.html
主催:GOOD DESIGN Marunouchi

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. アクアリウムの管理を自動化しよう——水質自動管理システム「Leviathan」
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  4. ラヤマパック、手動真空成形機「V.former Lab」の販売を開始
  5. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  6. コンパクトながら30Wのレーザーを搭載——レーザー加工機「beamo」がKibidangoに登場
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  9. マクニカ、「SENSPIDER」用の開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリース
  10. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る