新しいものづくりがわかるメディア

RSS


今週行ってみたいイベント

トップデザイナーの脳内覗いてみちゃう??——「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」(六本木)

日本デザインコミッティーに所属する幅広い世代のメンバーたちが、デザインの過程において生み出してきたスケッチ、図面、模型の数々を展示する「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」が2020年3月8日まで21_21 DESIGN SIGHTで開かれている。

思いがけない組み合わせが新たな世界を開く

会場ではさまざまなデザイナーがデザインを世に送り出すまでのスケッチやモックアップがたくさん展示されている。 会場ではさまざまなデザイナーがデザインを世に送り出すまでのスケッチやモックアップがたくさん展示されている。

夢のような展示が始まった。第一線で活躍するデザイナーたちがどんな思考を巡らせてアイデアを生み出し、どんなスケッチやモックアップを作って最終アウトプットまで持っていくのか。それらは各デザイナーの個性であり武器であり、なかなか公開されることがなかった。本展では日本デザインコミッティーに所属する幅広い世代のメンバーたちの貴重な資料を大量に集結させ公開した、異例の展示内容になっている。

トップデザイナーの手書きのスケッチや文字をたくさん見られるのが本展の嬉しい特徴だ。もしかすると3Dモデリングで完成形を見せられるより、手書きのスケッチと文字で表現する方が想像する余地がありワクワクするのかもしれない。 トップデザイナーの手書きのスケッチや文字をたくさん見られるのが本展の嬉しい特徴だ。もしかすると3Dモデリングで完成形を見せられるより、手書きのスケッチと文字で表現する方が想像する余地がありワクワクするのかもしれない。
展覧会ディレクターの田川欣哉氏が学生時代に手掛けた、障害を持つ友達のために開発した日本語入力のためのデバイス。MoMaのパーマネントコレクションとなっている。 展覧会ディレクターの田川欣哉氏が学生時代に手掛けた、障害を持つ友達のために開発した日本語入力のためのデバイス。MoMaのパーマネントコレクションとなっている。
深澤直人氏デザインの「HIROSHIMA Arm Chair」モックアップ。モックアップ時点でのこの完成度。美しい。 深澤直人氏デザインの「HIROSHIMA Arm Chair」モックアップ。モックアップ時点でのこの完成度。美しい。
形状検証時点の造形物。こういった過程の資料はメーカーが公開しないことが多いため非常に貴重だ。 形状検証時点の造形物。こういった過程の資料はメーカーが公開しないことが多いため非常に貴重だ。
柴田文江氏が手がけた電子体温計のデザインプロセス。トップデザイナーの試行錯誤が垣間見える。何度も形を検討し最善を見つけようとする姿が目に浮かぶようだ。 柴田文江氏が手がけた電子体温計のデザインプロセス。トップデザイナーの試行錯誤が垣間見える。何度も形を検討し最善を見つけようとする姿が目に浮かぶようだ。

本展示はデジタル化したものづくりを前提とする世代にとって、とても刺激的な展示になっていると思う。展示会紹介文に「世代や領域が異なる人々の結節点となり、日本のデザインの豊かな蓄積を未来の創造へと活かすきっかけになることを目指します。」とある通り、本展で展示されているスケッチや模型は日本のデザインの遺産なのだと感じた。本展示を見た未来のデザイナー達が刺激を受けデザイン界をさらに盛り上げていってくれることを期待したい。またデザイナーがどんなお仕事かを説明するのに適した展示だと思うのでお子さんと一緒に行くこともお勧めしたい。ぜひ会場に足を運んでみてほしい。

「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」
会期:2019年11月22日(金)~2020年3月8日(日) 10:00~19:00
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2(東京都品川区東五反田2-18-1 大崎フォレストビルディング1F)
入場料:一般1200 円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
休館日:火曜日(2月11日は開館)
オフィシャルサイト:http://www.2121designsight.jp/program/inspiration/
主催:21_21 DESIGN SIGHT、三宅一生デザイン文化財団

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  3. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  4. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  7. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  8. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  9. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  10. マイコンを使ったIoT初心者向けワークショップから、オンラインでも参加できる無料3D CADを使った3Dモデリング講座まで(3月21日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る