新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

ものづくり工作室(大阪市浪速区)

全国各地のファブ施設を紹介するfabなび。今回は大阪市浪速区の「ものづくり工作室」。大阪市営地下鉄恵美須町駅から徒歩数分、電子部品専門店「シリコンハウス」の3階にあるファブ施設だ。

シリコンハウスは、ハードウェアや電子部品の開発から販売までを手掛ける共立電子産業が運営する店舗のひとつ。各種電子部品やオリジナルのロボットキット、オーディオ部品まで幅広い商品が3つのフロアにぎっしりと陳列されている。電気街として多くの店が集まる日本橋(にっぽんばし)エリアでもひときわ大きなシリコンハウスは、電子工作が今よりもマニアックなイメージを持たれている頃から多くのユーザーに利用されていたという。

低価格マイコンボードArduinoの普及をきっかけとして、2006年頃から学生による店舗の利用が増えてきた。そこから10年ほどたってユーザーの増加は落ち着いてきたが、より多くの人にものづくりのすそ野を広げ、いろいろな挑戦をしてほしいという思いから、2016年11月7日に「ものづくり工作室」をオープンした。

小学生は親の同伴、中学生は同意書があれば利用することができ、夏休みシーズンを中心に親子連れの利用がメインになっているという。足りない部品があればすぐに買いに行ける環境を生かし、部活などのグループで学生が集まり集中的に作業を行うこともあるそうだ。他方、平日には業務で必要になったはんだ付けをしに立ち寄る社会人も多く、幅広いユーザーに利用されている。

共立電子産業はワークショップやイベントに力を入れており、2018年にはものづくり工作室などを舞台に50本近くのプログラムを開催した。クラフトオーディオの試聴会など特色あるイベントは、古くから付き合いのあるメーカーの協力によって開催されており、共立電子産業の長い歴史の上に実現したものだと言えるだろう。イベントの開催をきっかけにシリコンハウスでの取り扱いを始める製品もあり、体験の場と店舗としての機能がうまく結びついている。

また、初心者が安心してものづくりに取り組める環境づくりも特徴のひとつ。全くの初心者であっても、ものづくり工作室に常駐するスタッフからいつでもはんだ付けのレクチャーを受けることができる。ArduinoやRaspberry Piなどを体験できる貸し出しキットも無料で利用可能だ。オープンな場でサポートを受けながら作業できるため、「子どもがものづくりに関心を持っているが、何ができるのか分からない」という親御さんの不安解消にもつながっているという。

取材に答えていただいた土肥隆之氏(左)と、スタッフの出口嘉寛氏(右)。 取材に答えていただいた土肥隆之氏(左)と、スタッフの出口嘉寛氏(右)。

共立電子産業は大阪でものづくりに関わる人や企業のハブとなるような取り組みも行っている。ものづくり工作室の機材の一部は近郊のメーカーから提供されたものであり、早いうちから製品に親しんでもらうことで、将来的なユーザーや顧客としての付き合いにつながることを期待している。

2018年には共立電子産業が運営の中心となり、「電子工作でものづくりをハックせよ!」というテーマを掲げた「デジットハッカソン」を開催した。ものづくりに関心のあるエンジニアやプランナー、学生ら80人程が参加し、チームを組んで1カ月ほどかけてしっかりとハードウェアを作ることに取り組む大規模なイベントだ。大阪エリアを中心にファブ施設やメーカーの協賛を集め、ものづくり工作室も参加者の作業スペースのひとつとして開放したところ、発表前日には多くの参加者が押し掛けたという。

大阪のファブ施設やメーカーの支援を受けながらハードウェアを製作し、ものづくりのコミュニティを盛り上げたいという思いで実施された「デジットハッカソン」。2019年の開催も決定しており、5月7日(火)まで参加者を募集中だ。

デジットハッカソン2018の様子。 デジットハッカソン2018の様子。

長年大阪で電子部品を扱ってきたという運営元の背景を生かし、メーカーや施設を巻き込みながら運営されているものづくり工作室。共立電子産業の法人営業部として、スタートアップなどを対象とした設計や製造の無料相談も受け付けており、企業が運営するファブ施設としての強みが各所に感じられた。

現在は単発の利用が多いが、今後は継続的な利用に結び付けながら、より多くのユーザーに利用される場所にしていきたいという。シリコンハウス全体を含めば、電子工作に取り組む場としては日本でもトップレベルの環境にあるものづくり工作室から、新しいプロダクトが生まれてくることにも期待していきたい。

取材当日、親子でものづくり工作室を利用していたユーザー。 取材当日、親子でものづくり工作室を利用していたユーザー。

概要

所在地 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-8-26
営業時間 平日・休日ともに13:00~18:00
URL http://silicon.kyohritsu.com/monodukuri.html
料金 共立電子のメンバーズカード20ポイントで2時間利用可能
※ 入会金200円で200ポイント付き共立メンバーズカードに即時入会可能 「シリコンハウス」または「デジット」で2000円以上購入したレシートを当日に提示することでも利用可能。

 

機材

はんだごて:「FX-600」 はんだごて:「FX-600」
安定化電源、マルチメーターなど 安定化電源、マルチメーターなど
ハンドツール類 ハンドツール類
チャレンジBOX(IchigoJam、Arduino、Raspberry Piのお試しキット) チャレンジBOX(IchigoJam、Arduino、Raspberry Piのお試しキット)
缶バッチ作成マシーン 缶バッチ作成マシーン

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  9. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  10. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る