新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Julie WataiとTMCNが、あのいたずらアイテムを本気で作ってみた

昭和のガジェット「ブーブークッション」をHack!!!

センサコミュニティTMCNと、アーティストやデジタルフォトグラファーとして活躍するJulie Wataiさん。fabcrossでお馴染みの両者がこの夏タッグを組み、これまでにないスタイリッシュなデバイス作りに挑んだ。それが「ハイテクブーブークッション」である。

……って、ブーブークッションってあれ? あの、オナラが出るクッション? 

そうです。何も知らない人を座らせてオナラ音を響かせるいたずらアイテムとして大昔にはやり、今もパーティグッズ、ジョークグッズとして地味に生き残っているあれですね。改めて考えると、本来人間の健全な生理反応である放屁を笑いものにするというウィットのかけらもない低俗な遊びであり、昭和のほのぼの感あってこそのブームなんだろうけれど、ン十年の時を経て名うてのMakerたちにより、あまつさえ頭に「ハイテク」までついて復活。その全貌を紹介しよう。

8月に開催されたMaker Faire Tokyo 2016においてfabcrossブースの一画がにわかに賑わっていた。

「ヤダー!!!」
「びっくりした……!」
「なにこれー!?」
「……(赤面)」

子どもも大人も男子も女子も、何やらキャッキャッキャと楽しそう。

ハイテクブーブークッションを設置したスペースでの一幕だ。

会場を訪れた人を「疲れたでしょう」「ちょっと座って休みませんか」などと言葉巧みに誘い、クッションを置いたイスに誘導。

何も知らない……いや、もちろん明らかに何かあるとわかっている客も、まさかいまさらブーブークッションだなんて思いもせずに座ると「BOOO!!!」と生々しいオナラ音が、それもスピーカーを通じて響き渡るから驚く。さらに、その驚いた瞬間の顔が「今のオナラここです!(矢印で指差しつき)」だの「私がオナラしました」だのの文字とともに正面のモニターに映し出されるのだ。

そう、2016年のブーブークッションとは、オナラをした人(=オナラ音を発した人)を、音だけではなく視覚的にも笑ってしまおうという目論みで開発したまさにハイテク/ハイスペックの代物。

女性や学生は喜び、子ども、特に男子は意外に恥ずかしがり、大人の男性ははにかみ……とまあ、リアクションはそれぞれだが、自分が発したオナラ音とそれに驚いた顔がスピーカーやモニターを通して衆目にさらされるわけだから人間としての尊厳が少なからず損なわれるわけで、もはやイタズラを通り越してプレイか! って話になる。

それでも体験者たちのテンションは上がり、最先端のテクノロジーの結集であるMaker Faireとオナラという原始的な現象によるミスマッチ感への反応はおおむね好評。和やかな空気に包まれるスペースとなった。「あなたたちは小学生ですか!」と、さる外国の婦人につっこまれたときに、開発チームのリーダー前本氏はプロジェクトの成功を確信したという。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る