新しいものづくりがわかるメディア

RSS


宇田道信インタビュー

ポケット・ミクとその先の夢——理想の楽器を広めるために

電子楽器「ウダー」の発明者、宇田道信さんのインタビュー後編。宇田さんと学研大人の科学マガジンとのコラボによる、量産版ウダー開発と「歌うキーボード ポケット・ミク」誕生までの軌跡。(撮影:加藤甫)

前編はこちらから

理想の楽器を世に広める

ウダーを演奏する宇田さん ウダーを演奏する宇田さん

宇田道信さんが長きに渡り開発を続ける電子楽器「ウダー」。前編でみたように、そのユニークなインターフェースデザインやサウンドは完成に近づきつつある。次のステップは、この宇田さんにとっての理想の楽器を世に広めること。

「でも、無理やり広めたいわけではないんです。ウダーが本当の『理想の楽器』として完成すれば、自然に広まると思ってます」

理想を追求することこそが、普及につながる。事実、ウダーの完成度が上がるにつれ、興味を示す人も増えている。一方、宇田さん同様ユニークな活動を続ける人の中には、ウダーに早くから目をつけていた人々もいた。その一人が「オタマトーン」などの数々のユニークな楽器製作で知られる明和電機社長土佐信道さん

「最初に出会ったのは学生時代で、開発し始めた頃のウダーを見てもらってアドバイスをもらったりしてました」

大人の科学マガジンとの邂逅

「ピンホール式プラネタリウム」などの本格的なふろくで注目を集める、学研大人の科学マガジンの編集長西村俊之さんもその中の一人。出会いは、2008年の『別冊大人の科学マガジン シンセサイザークロニクル』でウダーを紹介したことに遡る。西村さんによれば、この時既にウダーを量産したいという思いが芽生えていたそうだ。

fabcrossでも大人の科学マガジンのふろく「卓上ロボット掃除機」による『魔改造ロボット掃除機大相撲バトルロワイアル』の模様を取り上げた。

 

ピックアップのコイルも自分で銅線を巻いて作るのがいかにも大人の科学らしい「ミニエレキ」。 ピックアップのコイルも自分で銅線を巻いて作るのがいかにも大人の科学らしい「ミニエレキ」。

「ずいぶん前から『ウダーを作りたい』と言われてたんですが、コストや手間を考えたらとても無理だと思い、ずっと冗談だと思ってました。その後『大人の科学マガジン ミニエレキ』を見て、もしかしたら本当にできるじゃないか? と感じるようになりました」

2009年に登場した『大人の科学マガジン ミニエレキ』は、ウクレレサイズにアンプを内蔵し、本格的な歪み系サウンドを奏でることができた。ギターを発想の原点とする宇田さんにとっても印象深かったようだ。ちょうどこの頃、宇田さんはフリーのエンジニアとなり、それを期に量産版ウダー開発が現実のものになっていく。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico用ディスプレイモジュール2種を発売
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  7. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  8. 世界初の木製人工衛星が今年宇宙に
  9. ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」
  10. コガネイ、空気圧人工筋肉用コントローラー「PMCシリーズ」販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る