新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:資金調達の記事一覧

月額3000ドル以下の産業用CTスキャナー、AIにより300倍以上高速化——米新興企業Lumafieldが開発

月額3000ドル以下の産業用CTスキャナー、AIにより300倍以上高速化——米新興企業Lumafieldが開発

安価で使いやすい産業用X線コンピュータ断層撮影(CT)スキャナー「Neptune」を開発しているスタートアップ企業のLumafieldは2022年9月12日、資金調達シリーズBで3500万ドル(約50億円)の調達を完了し、併せてAIによる機能の大幅な向上も発表した。

ニュース | 2022/11/30 07:00

Indiegogo日本担当に聞く、日本人の海外クラウドファンディング挑戦で欠けているものとは

Indiegogo日本担当に聞く、日本人の海外クラウドファンディング挑戦で欠けているものとは

クラウドファンディングが、インターネット上に登場してから10年以上経つ。 テストマーケティングや予約販売に資金調達など、目的も多様化し、支援を求めて参加する側も個人から大企業まで幅広い。日本でのクラウドファンディング市場規模は2017年は77億円だったのに対し、2019年には169億円にまで急成長している(消費者庁発表資料)。 実績や資本に乏しい個人やスタートアップであっても海外展開の可能性を…

インタビュー | 2021/11/09 07:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る