新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:資金調達の記事一覧

触覚ウェアラブルデバイスを開発するexiii、総額約8000万円の資金調達を実施

触覚ウェアラブルデバイスを開発するexiii、総額約8000万円の資金調達を実施

VR/AR内でバーチャルオブジェクトに実際に触れたような感触を再現する外骨格型力触覚提示デバイス「EXOS」を開発するexiiiは、グローバル・ブレインが運営するグローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合を引受先とした、約8000万円の第三者割当増資を実施すると発表した。

ニュース | 2018/04/17 13:00

年末特集2017

億単位で資金調達しても成功するとは限らない——クラウドファンディングが目指すべき道筋とは【年末特集】

億単位で資金調達しても成功するとは限らない——クラウドファンディングが目指すべき道筋とは【年末特集】

2017年もfabcrossではクラウドファンディング発のプロジェクトやスタートアップを数多く紹介した。資金調達額の記録は毎年更新される一方で、プロジェクトの失敗など良くも悪くも年々話題になることが増えているクラウドファンディング。

日本のEC最大手「楽天」を経て、クラウドファンディングサイトKibidangoを立ち上げた松崎良太氏は「いまのクラウドファンディング市場は199…

インタビュー | 2017/12/27 09:00

評価型与信モデルを採用——CAMPFIRE、融資サービス「CAMPFIRE レンディング」を開始

評価型与信モデルを採用——CAMPFIRE、融資サービス「CAMPFIRE レンディング」を開始

CAMPFIREが、融資サービス「CAMPFIRE レンディング」を開始した。評価モデルとして、支援実績をスコアリングした「評価型与信モデル」を採用。融資金額は、クラウドファンディング達成相当金額、もしくは100万円までのいずれか低い方だ。

ニュース | 2017/07/31 08:00

「赤外線カラー暗視技術」のナノルクス、ASUSと筑波銀行グループから資金調達

「赤外線カラー暗視技術」のナノルクス、ASUSと筑波銀行グループから資金調達

暗闇でも赤外線のみでカラー撮影できる「赤外線カラー暗視技術」を実装したイメージセンサーなどを開発/製造するナノルクスが、ASUSおよび筑波銀行グループの筑波総研を引受先とした1億3000万円の資金調達を実施。ASUSと早期の新商品開発に取り組む。

ニュース | 2017/06/02 10:30

年末特別企画

スタートアップをやるなら今しかないと思った——世界に羽ばたいたスマートシューズ「Orphe」の1年を振り返る

スタートアップをやるなら今しかないと思った——世界に羽ばたいたスマートシューズ「Orphe」の1年を振り返る

2016年、ハードウェアスタートアップにはどのように映った一年だったのか。
9軸センサや100以上のフルカラーLEDを搭載し、動きに合わせて光を制御できるスマートシューズを2015年に開発したno new folk studio(以下nnf) は、クラウドファンディングでの資金調達に成功後、2016年に一般販売を開始した。

代表の菊川裕也さんは製品化に向けた開発と並…

インタビュー | 2016/12/21 08:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  3. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  8. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  9. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」
  10. ドイツ製マジックアイEM800を使用——スペクトラムアナライザー「Magilyzer Mk II」

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る