新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:資金調達の記事一覧

アジアのMakers by 高須正和

ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー

ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー

MITの「深センの男」であり、ハードウェアスタートアップアクセラレータHAXのメンターでもある“バニー”フアンが自らの体験を語りつくした「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」(技術評論社)が2018年10月19日に…

トピックス | 2018/10/19 07:30

MBC試作ファンド、米ピッツバーグを拠点とするスタートアップ2社へ投資

MBC試作ファンド、米ピッツバーグを拠点とするスタートアップ2社へ投資

Makers Boot Campは、MBC試作ファンドの投資先として、屋内向け位置情報ソリューションサービスを提供するARIN Technologiesと、画像認識AIを用いてゴミを分別するスマートゴミ箱を開発するCleanRoboticsというアメリカのスタートアップ2社を選定、投資したことを発表した。

ニュース | 2018/07/25 08:00

TAG

資金調達 起業 アクセラレータ

触覚ウェアラブルデバイスを開発するexiii、総額約8000万円の資金調達を実施

触覚ウェアラブルデバイスを開発するexiii、総額約8000万円の資金調達を実施

VR/AR内でバーチャルオブジェクトに実際に触れたような感触を再現する外骨格型力触覚提示デバイス「EXOS」を開発するexiiiは、グローバル・ブレインが運営するグローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合を引受先とした、約8000万円の第三者割当増資を実施すると発表した。

ニュース | 2018/04/17 13:00

年末特集2017

億単位で資金調達しても成功するとは限らない——クラウドファンディングが目指すべき道筋とは【年末特集】

億単位で資金調達しても成功するとは限らない——クラウドファンディングが目指すべき道筋とは【年末特集】

2017年もfabcrossではクラウドファンディング発のプロジェクトやスタートアップを数多く紹介した。資金調達額の記録は毎年更新される一方で、プロジェクトの失敗など良くも悪くも年々話題になることが増えているクラウドファンディング。

日本のEC最大手「楽天」を経て、クラウドファンディングサイトKibidangoを立ち上げた松崎良太氏は「いまのクラウドファンディング市場は199…

インタビュー | 2017/12/27 09:00

評価型与信モデルを採用——CAMPFIRE、融資サービス「CAMPFIRE レンディング」を開始

評価型与信モデルを採用——CAMPFIRE、融資サービス「CAMPFIRE レンディング」を開始

CAMPFIREが、融資サービス「CAMPFIRE レンディング」を開始した。評価モデルとして、支援実績をスコアリングした「評価型与信モデル」を採用。融資金額は、クラウドファンディング達成相当金額、もしくは100万円までのいずれか低い方だ。

ニュース | 2017/07/31 08:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  7. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  8. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  9. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る