新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D Hubs 3Dプリンタトレンド4月版、3Dモデリングソフトのランキングが1年ぶりに登場

3Dプリンタ共有ネットワークサービス「3D Hubs」に登録された3Dプリンタをもとにした調査レポート(4月版)が発表された。

photo

登録プリンタは2万8500台以上で前回(2016年3月版)から1000台増。4月のメーカー別シェアは、 Ultimakerが13.8%(前月比0.1ポイント減)で首位を守った。前回首位を譲り渡したMakerBotが13.4%(同0.4ポイント減)で続くが、首位との差は広がった。3位は6.2%(同0.2ポイント減)の3D Systems、4位は4.9%(同0.1ポイント減)のStratasys、5位は4.9%(同0.1ポイント増)のFlashForgeが続いた。1~5位の順位は3月と同じだった。

photo

3Dプリンタのモデル別シェアでは、「Prusa i3」が8.1%(前月比0.1ポイント増)で本年度に入ってからの首位を維持した。続いて、「Ultimaker 2」が、7.4%(同0.2ポイント減)で2位、3位は5.0%(同0.2ポイント減)の「Replicator 2」。4位は2.9%(同0.1ポイント減)の「Replicator 2x」と、2.9%(同±0)「Zortrax M200」が並んだ。

photo

3Dプリンタ用素材の平均購入価格については、PLAが31.4ドル(約3400円)、ABSが34.6ドル(約3800円)、PolyJetが 92ドル(約1万円)と前回とほぼ同じ。レジンが51.4ドル(約5600円)で前月より0.7ドル(約76円)高く、上昇傾向が続いている。一方、SLS方式用のナイロンは82.6ドル(約9000円)と前月よりも2.7ドル(約300円)下げ、フルカラーサンドストーンは96ドル(約1万500円)と前月よりも0.7ドル(約76円)下がった。

photo

3D Hubs参加者が使っている3Dモデリングソフトのランキングが、1年ぶりに実施された。1位はフランスのDassault Systemesのよく知られた産業用3D CAD「SolidWorks」が18.6%で、前回より0.9ポイント増加した。2位はGoogleが開発し2012年に米Trimble Navigationが買収した「SketchUp」が12.8%(前年比2.8ポイント減)で2位を維持した。クラウドベースの「Autodesk Fusion 360」が7.9%(同1.1ポイント増)で前年と同じ3位。Dassault Systemesの「CATIA」が6.3%(同1.4ポイント増)で4位、オープンソースの「Blender」が6.2%(同1.4ポイント増)で5位と、それぞれ2つ順位を上げている。

3D Hubsはオランダに本拠を持つ3Dプリンタ共有サービスで、所有者が自分の3Dプリンタを登録し、ユーザーは3D Hubsのサービス経由で、最寄りの3Dプリンタから出力できる。記事執筆時点の3Dプリンタ登録数は2万8540台、150ヵ国に広がっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る