新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ワイヤレス電子ブロック「MESH」のAndroid版アプリを公開—— iOS、Androidで利用可能に

MESHプロジェクトは、Bluetooth接続を利用したワイヤレス電子ブロック「MESH」のAndroid版MESHアプリをリリースした。

MESHには、それぞれ加速度センサーや人感センサーなどの異なる機能が備わっており、MESHアプリによってメールや他機器との連携も可能だ。ソニーの新規事業開発として作られた製品で、indiegogoでの資金調達を経て、2015年に製品化された。2015年10月には3種類の新しいMESHタグとiPhoneアプリをリリースし、タグは全7種類となった。今回のリリースにより、iOS、Androidの両OSでMESHが利用できることになる。

MESHプロジェクトは、Android版MESHアプリのリリースを記念して、特別価格キャンペーンを実施している。タグ7種セットの「MESH 7種全部入りセット」が5000円オフの3万7980円(税込)、タグ3種セットの「MESH スターターセット」が2000円オフの1万4980円(税込)だ。

Android版MESHアプリは、Andoroid5.0以降、Bluetooth 4.0(Bluetooth Low Energy)を搭載した機種のみに対応。なお、Android版MESHアプリでの初回接続時には、MESHタグのファームウェアアップデートが行われる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  8. レトロでメカニカルなデザイン時計——ハンドメイドのウッドクロック「Madclockmaker」
  9. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」
  10. これまでで「最も黒い」物質——入射光の99.995%を吸収するカーボンナノチューブを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る