新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ボンサイラボ、CES2017に新型3Dプリンタ「FabPod」を出展

ボンサイラボは、国際家電見本市CES2017に、新型3Dプリンタ「FabPod」を出展した。

photo

昨年のCESではスタートアップ会場にFabPodを初出展したが、今年は3Dプリンティングゾーンに国内メーカーとして初めて進出した。

FabPodは、本体主要部品にTHK、ミネベア、三ツ星ベルトなど国内有名メーカー製パーツを使用し、また、「授業時間にプリントが終了する高速化」や「授業に最適な静音化」を実現したことでSTEM(Science、Technology、Engineering and Mathematics)教育の現場をターゲットとしたコンセプトをアピールしている。

photo

同社では今後さらにFabPodの高速化、静音化を進め、アメリカやヨーロッパ、アジア各国への輸出を目指す。国内は今春発売予定だ。オープンソース化したスライサーソフトウェア「Cura」をベースとした「Cura for BONSAILABS」が添付される。

なお、FabPodの発売に先立ち、同社のサイトでは現行機種である小型3Dプリンタ「BS01+」の販売終了もアナウンスされているが、リペアパーツ、メンテナンスについては引き続きサポートするとしている。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  2. 限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」
  3. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画
  4. ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」
  5. すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」
  6. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  7. ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」
  8. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  9. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  10. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る