新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ボンサイラボ、CES2017に新型3Dプリンタ「FabPod」を出展

ボンサイラボは、国際家電見本市CES2017に、新型3Dプリンタ「FabPod」を出展した。

photo

昨年のCESではスタートアップ会場にFabPodを初出展したが、今年は3Dプリンティングゾーンに国内メーカーとして初めて進出した。

FabPodは、本体主要部品にTHK、ミネベア、三ツ星ベルトなど国内有名メーカー製パーツを使用し、また、「授業時間にプリントが終了する高速化」や「授業に最適な静音化」を実現したことでSTEM(Science、Technology、Engineering and Mathematics)教育の現場をターゲットとしたコンセプトをアピールしている。

photo

同社では今後さらにFabPodの高速化、静音化を進め、アメリカやヨーロッパ、アジア各国への輸出を目指す。国内は今春発売予定だ。オープンソース化したスライサーソフトウェア「Cura」をベースとした「Cura for BONSAILABS」が添付される。

なお、FabPodの発売に先立ち、同社のサイトでは現行機種である小型3Dプリンタ「BS01+」の販売終了もアナウンスされているが、リペアパーツ、メンテナンスについては引き続きサポートするとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ドバイ警察、空飛ぶバイク「Scorpion3」を導入予定
  2. 直感的にロボットを作れる——モーターモジュール「Keigan Motor」の一般販売を開始
  3. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  4. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  5. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  6. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  7. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  8. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  9. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売
  10. スマホで家電の電源をON/OFF——スマートプラグ「ePlug」発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る