新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ボンサイラボ、CES2017に新型3Dプリンタ「FabPod」を出展

ボンサイラボは、国際家電見本市CES2017に、新型3Dプリンタ「FabPod」を出展した。

photo

昨年のCESではスタートアップ会場にFabPodを初出展したが、今年は3Dプリンティングゾーンに国内メーカーとして初めて進出した。

FabPodは、本体主要部品にTHK、ミネベア、三ツ星ベルトなど国内有名メーカー製パーツを使用し、また、「授業時間にプリントが終了する高速化」や「授業に最適な静音化」を実現したことでSTEM(Science、Technology、Engineering and Mathematics)教育の現場をターゲットとしたコンセプトをアピールしている。

photo

同社では今後さらにFabPodの高速化、静音化を進め、アメリカやヨーロッパ、アジア各国への輸出を目指す。国内は今春発売予定だ。オープンソース化したスライサーソフトウェア「Cura」をベースとした「Cura for BONSAILABS」が添付される。

なお、FabPodの発売に先立ち、同社のサイトでは現行機種である小型3Dプリンタ「BS01+」の販売終了もアナウンスされているが、リペアパーツ、メンテナンスについては引き続きサポートするとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  6. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  7. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  8. 119の“しかけ”をめくってプログラミングを学ぶ——「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」発刊へ
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る