新しいものづくりがわかるメディア

RSS


フレキシブル基板を1万円から——「AgICオンデマンドAP-2」サービス一般受注開始

プリンテッドエレクトロニクス技術を開発するAgICは、印刷技術と銅メッキ技術を組み合わせることで、従来のフレキシブル基板と同等の性能を持つフレキシブル基板を、これまでの1/5のコストで試作できるサービス「AgICオンデマンドAP-2」を公開した。

同社は、銀ナノインクを使った電子回路技術を用いて、家庭用インクジェットプリンターでフレキシブル回路が印刷できる「回路試作インクキット」や、フレキシブル回路のオンデマンド印刷サービス「AgICオンデマンド」などを提供している。

photo

しかし、インクジェット印刷のみを用いる従来のAgICオンデマンドでは、厚膜化が困難なため抵抗値が高く、さらに半田付けができないという問題点があった。今回公開したAgICオンデマンドAP-2では、メッキ技術を用いて印刷した金属パターンの上に銅を成長させることで抵抗値を低下させ(シート抵抗計測値:5 mΩ±15%)、従来のフレキシブル基板と同等の抵抗値で、なおかつ半田付けもできる技術を開発した。

同サービスは専用サイトから無料で見積もりができ、注文は拡張ガーバーフォーマット(RS-274X)で設計ファイルを送付する。価格は180×270mmのサイズで1枚1万円、3枚2万円で、従来のおおよそ1/5の価格、納期も発送までが3日と従来よりも短期間だという。

同社によると、これまでAgICオンデマンドAP-2をベータ版サービスとして一部メーカーに提供してきたが、今回製造設備を拡充したことで、一般向けの受注を開始した。今後はさらに、基材や銅の厚みのバリエーションを増やしたり、最小パターン幅/間隔の改善、両面ビアホール対応など性能向上を図るとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. オリジナルマインド、全軸リニアガイド採用のデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズ発売
  3. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  4. IoTBASE、ソニーのLPWA通信規格「ELTRES」に対応
  5. エイミー、IoTと電子工作の知識共有サービス「elchika」正式リリース
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  8. 一見、鉛蓄電池を彷彿させる地味なフォルムが逆に新鮮だったラジオ「National Panasonic Portable Radio RF-727 COUGAR No.5」
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. 時の光が降り積もる——LEDデザイン時計「TIMEDROP LED CLOCK」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る