新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Intel、自社のIoT戦略を支えてきた開発ボード「Galileo」、「Edison」、「Joule」の生産中止を発表

Intelは、同社のIoT向け小型コンピューターモジュール「Galileo」、「Edison」、「Joule」製品シリーズの生産中止を発表した。

同社が6月16日に公開したPCN(Product Change Notification)によると、「Galileo」、「Galileo Gen2」、「Edisonモジュール」、「Edison Breakoutボード」、「Edisonキットfor Arduino」、「Edison Breakoutボードキット」、「Joule 570x コンピューターモジュール」、「Joule 550x コンピューターモジュール」、「Joule 570x 開発キット」、「Joule 550x 開発キット」、の各製品が生産中止となる。

Quark SoC X1000を搭載しArduino Unoと互換性を備えたGalileo、デュアルコアAtomプロセッサを搭載した切手大の開発ボードEdison、そして4Kビデオ対応のHD Graphicsを搭載し強力な処理機能を備えてJouleなど、ウェアラブルから設置型までワイドレンジなIoT用途を支えてきた製品群を終了することになる。

3つのモデルラインを同時に終了することの背景には、ArduinoやRaspberry Piに牽引されるIoT市場で、その存在感を高めることができなかったという見方もある。また、Intel Jouleなど比較的新しい製品群も含まれるが、価格面でのメリットを訴求できなかった点もあるだろう。

なお、「Arduino 101」などに搭載される「Curie」モジュールは、現在のところ生産継続する模様だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る