新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを使いやすく——Raspberry Pi用汎用インターフェースボード「ProdBoard」

操作ボタン/電源スイッチ/ディスプレイを搭載した多機能なRaspberry Pi用拡張ボード「ProdBoard」がKickstarterに登場し出資を募っている。

photo

ProdBoardは、40ピンGPIOヘッダーを備えたRaspberry Pi 2/3/B+に対応可能なアドオンボード。GPIO9~13, 16に接続されたボタン×6、LED×2、I2Cポート×3、1.3インチのハイコントラスト128×96 OLEDディスプレイ、IRインターフェースなどを備える。また、電源スイッチは専用のAttiny85で制御され、シャットダウンシーケンスなどを実行できる。ちなみにこの電源まわりは以前紹介した「Hackable Raspberry Pi Power Switch」と同等の構成となっている。

photo

開発元では簡単に利用できるサンプルコードを用意しており、i2Cポートに温湿度センサー「SHT31」を接続すれば、ウェザーステーションとして温度と湿度を表示できる。またUSB DACを接続してメディアコントローラーのフロントエンドとして利用したり、OLEDディスプレイに時計を表示したりもできる。

photo

ProdBoardの本体価格は330香港ドル(約4620円)で、本体以外に、赤外線コントローラー、Raspberry Pi組み立て用スクリュー、サンプルコードとドライバーが付属する。さらに、+/-/早送り/巻き戻し/一時停止・再生の5つのタイプのボタンキャップとマルチメディア専用赤外線コントローラーが付属する「マルチメディアパック」は、今なら340香港ドル(約4760円)で入手できる。10月の出荷を予定しており、日本への送料は60香港ドル(約840円)だ。

photo

ProdBoardは2万5000香港ドル(約35万円)を目標に、9月28日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る