新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを使いやすく——Raspberry Pi用汎用インターフェースボード「ProdBoard」

操作ボタン/電源スイッチ/ディスプレイを搭載した多機能なRaspberry Pi用拡張ボード「ProdBoard」がKickstarterに登場し出資を募っている。

photo

ProdBoardは、40ピンGPIOヘッダーを備えたRaspberry Pi 2/3/B+に対応可能なアドオンボード。GPIO9~13, 16に接続されたボタン×6、LED×2、I2Cポート×3、1.3インチのハイコントラスト128×96 OLEDディスプレイ、IRインターフェースなどを備える。また、電源スイッチは専用のAttiny85で制御され、シャットダウンシーケンスなどを実行できる。ちなみにこの電源まわりは以前紹介した「Hackable Raspberry Pi Power Switch」と同等の構成となっている。

photo

開発元では簡単に利用できるサンプルコードを用意しており、i2Cポートに温湿度センサー「SHT31」を接続すれば、ウェザーステーションとして温度と湿度を表示できる。またUSB DACを接続してメディアコントローラーのフロントエンドとして利用したり、OLEDディスプレイに時計を表示したりもできる。

photo

ProdBoardの本体価格は330香港ドル(約4620円)で、本体以外に、赤外線コントローラー、Raspberry Pi組み立て用スクリュー、サンプルコードとドライバーが付属する。さらに、+/-/早送り/巻き戻し/一時停止・再生の5つのタイプのボタンキャップとマルチメディア専用赤外線コントローラーが付属する「マルチメディアパック」は、今なら340香港ドル(約4760円)で入手できる。10月の出荷を予定しており、日本への送料は60香港ドル(約840円)だ。

photo

ProdBoardは2万5000香港ドル(約35万円)を目標に、9月28日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る