新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを使いやすく——Raspberry Pi用汎用インターフェースボード「ProdBoard」

操作ボタン/電源スイッチ/ディスプレイを搭載した多機能なRaspberry Pi用拡張ボード「ProdBoard」がKickstarterに登場し出資を募っている。

photo

ProdBoardは、40ピンGPIOヘッダーを備えたRaspberry Pi 2/3/B+に対応可能なアドオンボード。GPIO9~13, 16に接続されたボタン×6、LED×2、I2Cポート×3、1.3インチのハイコントラスト128×96 OLEDディスプレイ、IRインターフェースなどを備える。また、電源スイッチは専用のAttiny85で制御され、シャットダウンシーケンスなどを実行できる。ちなみにこの電源まわりは以前紹介した「Hackable Raspberry Pi Power Switch」と同等の構成となっている。

photo

開発元では簡単に利用できるサンプルコードを用意しており、i2Cポートに温湿度センサー「SHT31」を接続すれば、ウェザーステーションとして温度と湿度を表示できる。またUSB DACを接続してメディアコントローラーのフロントエンドとして利用したり、OLEDディスプレイに時計を表示したりもできる。

photo

ProdBoardの本体価格は330香港ドル(約4620円)で、本体以外に、赤外線コントローラー、Raspberry Pi組み立て用スクリュー、サンプルコードとドライバーが付属する。さらに、+/-/早送り/巻き戻し/一時停止・再生の5つのタイプのボタンキャップとマルチメディア専用赤外線コントローラーが付属する「マルチメディアパック」は、今なら340香港ドル(約4760円)で入手できる。10月の出荷を予定しており、日本への送料は60香港ドル(約840円)だ。

photo

ProdBoardは2万5000香港ドル(約35万円)を目標に、9月28日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  7. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  8. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る