新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ストラタシス・ジャパン、同社3Dプリンター向けの新ビビッドカラー/エラストマー材料を発売

ストラタシス・ジャパンは、同社のFDM(熱溶解積層)およびPolyJet技術に基づく3Dプリンター用の最新カラー材料と、機能性エラストマー材料を発売した。

機能性エラストマー材料「Stratasys TPU 92A」は、FDM方式の3DプリンターF123シリーズ全機種に対応。同材料を使用することでデザイン形状を損なうことなく、大きな伸縮性と独特の弾性を持つパーツを3Dプリントで製作できる。

可溶性のサポート材にも対応しており、水溶性サポートと組み合わせて、中~大型の複雑形状や、耐久性と弾性に優れたエラストマー部品を製作できる。

また、PolyJet方式の3DプリンターStratasys J750向けの新カラー素材もあわせて発売した。

「Agilus30 White」は、自動車メーカー向けのゴムライク素材のシーリングやガスケットなどの部品のほか、スポーツ用品/家電部品、玩具などの原型に使用される色鮮やかなモデルを正確に再現する。

これまでAgilusシリーズは半透明およびブラックで構成されていたが、白色であるAgilus Whiteが追加されたことで、医療分野などでも精密なディティール表現を再現可能だ。

「VeroVivid Cyan」は、鮮やかなブルーを再現できる硬質材料で、J750で実現するマテリアルラインアップを、不透明~透明、硬質~軟質まで網羅した50万色以上の識別可能なカラーへ拡大する。コンシューマー製品、パッケージングなどの市場向けに、効果的かつ写実的なプロトタイプの製作が可能だ。

これらの新材料は、ストラタシス・ジャパンや同社パートナーが提供するパーツサービス「DFPサービス」を通じて入手できる。

別途、Stratsys 3Dプリンターユーザーへの販売も予定されており、Agilus White 30/Vivid Cyanは2019年1月、Stratasys 92A TPUは2018年12月15日にそれぞれ販売開始予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る