新しいものづくりがわかるメディア

RSS


トラックボールがクリエイターデバイスに変わる——ビット・トレード・ワン、「TracXcroll」発売へ

ビット・トレード・ワンは、トラックボールをクリエイターデバイスとして利用できる「TracXcroll」を2019年6月7日に発売する予定だ。

TracXcrollはトラックボールの機能をハックし、入力デバイスとして機能を割り振れるデバイスだ。

2018年12月にKickstarterにてクラウドファンディングを開始。1日で目標金額を達成し、最終的に128万円以上を集めて製品化された。

PC側からはキーボード、マウスとして認識するため、ショートカットキーが設定できればイラスト作成や動画編集など、さまざまなアプリケーションに応用できる。 Kensington/ロジクール/エレコム/サンワサプライなど、トラックボールメーカー各社の協力により多くのトラックボール変換をサポートしている。

ボタン数は全部で3つ(モード/プロファイル切り替え)。デバイス本体に保存されるプロファイルは3パターンで、それぞれアプリごとの管理が可能だ。 またアプリケーションをOS上で常駐させ、例えばPhotoshopがアクティブになった際には自動でプロファイルを切り替えるなど、ユーザーがプロファイル変更を意識することなく利用することも可能だ。

動作対応OSはWindows10/8.1/8/7、macOS、Linuxだ。対応インターフェース規格はPC側がMicroB USBケーブル、デバイス側がUSB2.0/1.1 TypeAとなる。

本体寸法は70×36×12mm(突起部除く)、重量は約30g。USBバスパワーを電源とし、電源電圧は5.0Vだ。

付属品として保証書1部のほかに、マニュアルサイト案内(1部)、USBケーブル(1本)、ファームウェアアップデート用USBケーブル(1本)、クッションゴム(1セット、ユーザー取り付け)が付属する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る