新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売

メカトラックスは、Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュールslee-Piの新機種「slee-Pi3」を発売した。

photo

slee-Piは、Raspberry Piに対して定時電源オン/オフによる間欠動作や死活監視、電源供給強化による安定動作を可能にするモジュールだ。同社の4G通信やADCモジュールなどのRaspberry Pi向け周辺機器との併用ができる。

photo

今回の最新版では、約2年間無電源でも時刻保持ができる、ボタン電池バックアップRTCを搭載した。もちろん電源供給状態ではボタン電池の電力は消費しない。

photo

また、Raspberry Piなどとの外部連携ができる外部入出力端子を標準搭載した。これにより、「スイッチやセンサーからの値を受けてRaspberry Piを起動/シャットダウン」させたり、「任意のタイミングでRaspberry Piからリレーなど外部機器をON/OFF」したりすることができるようになる。

photo

さらに、従来slee-Piシリーズでは、2系統の電源のうち高い方しか電圧測定ができなかったが、slee-Pi3では2系統それぞれの電圧測定ができるようになった。これにより、メイン電源で稼働しながら経年劣化によるサブ電源の電圧降下に対してアラートを発するなどのアプリケーションを構築できるようになる。

価格は1万4800円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  8. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  9. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見
  10. ラズパイを使ってラップトップPCを自作しよう——透明ボディのDIYキット「LapPi 2.0」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る