新しいものづくりがわかるメディア

RSS


睡眠で身体を整える——「寝返り整体まくら」

「寝返り整体まくら」がMakuakeにて出資を募っている。

photo

「寝返り整体まくら」は「RAKUNA整体枕」の最新版で、独自の設計技術が自然な寝返りを促すことで、寝ている間に身体をメンテナンスし、良質な睡眠をサポートしてくれるまくらだ。

photo

まくらに搭載された寝返りコアは、頭の重みをしっかりと受け止めながら、動きたい方向には抵抗なく動かす構造を採用。首や肩に負担をかけることなく、寝返りをする際の頭の動きを無駄なく伝えられる。

photo

また、中心の寝返りコアは高密度高反発素材で覆われており、頭を手で支えられているような感覚が得られる。これによって頭の重さが分散されるだけでなく、まくらが沈みこまずにスムーズに寝返りでき、首や背中の負担が軽減される仕組みだ。

photo

共同開発先のNature Architects は、従来の製品設計を革新する設計アルゴリズム「Direct Functional Modeling(DFM)」を開発する東京大学発ベンチャーだ。DFMは素材を幾何学的な構造に加工することで、素材自身には無かった柔軟性/弾力性/耐久性などの機械的(力学的)な特性を付加し、曲がる方向や特定の動きまで生み出すことを可能にする。

photo

本体寸法は約520×360×110mm(中心部は95mm)、重さは約1.6kg。カバー材質はポリエステル100%で、寝返りコアにはポリアミドを採用している。

photo

一般販売予定価格は2万9700円。Makuakeでは10%オフとなる2万6840円で購入できるプランなどを用意している(価格はすべて税込)。

寝返り整体まくらは、2020年12月23日までMakuakeにてクラウドファンディング中。目標金額30万円は達成しており、2021年2月末までに発送予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」
  2. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  3. TAMIYAが2021年上半期の新製品情報を発表——「楽しい工作シリーズ」は新製品5種が登場
  4. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  5. ボーイング、飛行機の部品を高級家具へとアップサイクル——かつての戦闘機の射出座席が椅子として購入可能
  6. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  7. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  8. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  9. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始
  10. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る