新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウミトロン、スマート魚体測定システム「UMITRON LENS」を開発

ウミトロンは2020年12月10日、水産養殖向けスマート魚体測定システム「UMITRON LENS」を開発したと発表した。

UMITRON LENSはAI/IoT技術を活用し、ポータブルの撮影用カメラとスマホアプリでの操作によって水中にいる魚のサイズを測定、クラウドでデータ管理できるシステムだ。小型のステレオカメラとAIにより、魚のサイズを自動で計測できる。また、通信機能によってクラウドとデータ連携することで、魚の成長確認を容易にする。

開発は2018年より大分県で進められ、生産現場での計測作業のユーザビリティーや、生育管理に役立つデータや推定精度の改善を続けてきた。ユーザビリティーを高めるために小型ステレオカメラを採用しており、以前は測定精度の低さが課題だったが、解析アルゴリズムの開発により測定精度が向上した。

同事業は、2020年6月に経済産業省 関東経済産業局より「異分野連携新事業分野開拓計画」に認定された。大分県のブリ養殖事業者である重宝水産や、愛媛県のマダイ養殖事業者である赤坂水産と連携し、新サービスの開発と市場開拓を進める。

今後は魚の成長データを取得するUMITRON LENSに加え、リリース済のスマート給餌機「UMITRON CELL」、魚の食欲解析システム「UMITRON FAI」、海洋データサービス「UMITRON PULSE」のデータと統合を進めることで、持続可能な未来型の水産養殖モデル実現を目指す。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る