新しいものづくりがわかるメディア

RSS


藤原麻里菜さん新刊「無駄なマシーンを発明しよう! ~独創性を育むはじめてのエンジニアリング~」

技術評論社は「無駄なマシーンを発明しよう!~独創性を育むはじめてのエンジニアリング~」を2021年7月19日に発売する。

著者の藤原麻里菜氏は、Youtubeチャンネル「無駄づくり」で、さまざまな無駄づくりに取り組んでいる。「会社を休む理由を生成できるマシーン」は、ランダムで会社を休む理由をひねり出せるガジェットだ。

fabcrossの連載「頭の悪いメカ」でも、近未来化した宅配ピザの箱「全く盛れない自撮り棒」などのガジェットを紹介している藤原麻里菜氏が、発刊に当たってのコメントを寄せてくれた。

「本書では、わたしが『無駄づくり』をする中で培ってきた知識をお子さまでも分かりやすく、体系的にまとめました。STEAM教育の本として、技術だけではなく自由な思考力も得られる一冊になっているかなと思います! この本を参考に、大人も子どもも、みんながみんな無駄づくりをしてくれたらうれしいです」

全8章構成。前半の章では最初は作り方の解説をしながら、のりやテープで道具同士をくっつけるなど、誰でも試せる工作を紹介する。また、書籍の後半では第5章「Arduinoでセンサーを使おう!」など、Arduinoを用いたプログラミングにも触れる。

監修はニャンパス株式会社の登尾徳誠氏。B5判176ページで、価格は1980円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る