新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

アナログからデジタルへの境目に誕生した異端的そろばん電卓 SHARP「ELSI MATE EL-8048 ソロカル」

一気に秋の気配を感じるこの頃が蒐集しやすい季節。
そして僕が日常巡回している蒐集場所には家電の種類によって定位置が存在する。

テレビも冷蔵庫も洗濯機もそれぞれの場所がある。

その中でも小型の家電はほぼ一括りにされて一カ所に置かれている。それはさまざまな家電が混在して僕が一番好きなエリアだ。

その中にとても控えめにと言うか、これは家電なのかと思われるものが顔を出している。どう見ても普通のそろばんなのになぜここに? もしやと思い引きずり出してみると案の定現れたのは電卓だ。

この電卓こそ、家電の時代が変わる狭間に誕生したそろばん電卓ソロカルだ。日本の家電の歴史は当然ながら足し算式だから誕生は必然ながら、これを本当に作ってしまったシャープに敬意を表したい。

電卓が誕生した当時、計算結果が信じられないため検算用にそろばんが付いたという説もあって楽しすぎる家電だ。実際に電池を入れて使ってみる。ソロカルの電源は今ではあまり見かけない006Pという9V電池だ。

電源を入れてデスクに置くと、本体がプラスチックのため接地面が滑りやすく安定性があまり良くないのと、そろばんの珠も同じくつるつるして使いにくい。でもソロカルはそんな不便も味にしてしまうくらいユニークな存在だ。 

実際、電卓は電卓、そろばんはそろばんの方が使いやすかったと思うのだが、時代が生んだあだ花みたいな家電は個人的には大好きで、この括りで家電を集めたいと思っている。頑張ってるけど、どこか抜けてる人が可愛いと思うように家電も頑張り過ぎてしまった家電を愛くるしく感じるのです。

SHARP ELSI MATE EL-8048 ソロカル

発売時期:1979年(昭和54年)

1979年に起きた主な出来事

  • 立石電機(現:オムロン)が日本初の電子体温計を発売
  • テレビ朝日系列でアニメ「ドラえもん」放送開始
  • YMO(坂本龍一、高橋幸宏、細野晴臣)の2ndアルバム「SOLID STATE SURVIVOR」がオリコンチャート1位を記録

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る