新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

アナログからデジタルへの境目に誕生した異端的そろばん電卓 SHARP「ELSI MATE EL-8048 ソロカル」

一気に秋の気配を感じるこの頃が蒐集しやすい季節。
そして僕が日常巡回している蒐集場所には家電の種類によって定位置が存在する。

テレビも冷蔵庫も洗濯機もそれぞれの場所がある。

その中でも小型の家電はほぼ一括りにされて一カ所に置かれている。それはさまざまな家電が混在して僕が一番好きなエリアだ。

その中にとても控えめにと言うか、これは家電なのかと思われるものが顔を出している。どう見ても普通のそろばんなのになぜここに? もしやと思い引きずり出してみると案の定現れたのは電卓だ。

この電卓こそ、家電の時代が変わる狭間に誕生したそろばん電卓ソロカルだ。日本の家電の歴史は当然ながら足し算式だから誕生は必然ながら、これを本当に作ってしまったシャープに敬意を表したい。

電卓が誕生した当時、計算結果が信じられないため検算用にそろばんが付いたという説もあって楽しすぎる家電だ。実際に電池を入れて使ってみる。ソロカルの電源は今ではあまり見かけない006Pという9V電池だ。

電源を入れてデスクに置くと、本体がプラスチックのため接地面が滑りやすく安定性があまり良くないのと、そろばんの珠も同じくつるつるして使いにくい。でもソロカルはそんな不便も味にしてしまうくらいユニークな存在だ。 

実際、電卓は電卓、そろばんはそろばんの方が使いやすかったと思うのだが、時代が生んだあだ花みたいな家電は個人的には大好きで、この括りで家電を集めたいと思っている。頑張ってるけど、どこか抜けてる人が可愛いと思うように家電も頑張り過ぎてしまった家電を愛くるしく感じるのです。

SHARP ELSI MATE EL-8048 ソロカル

発売時期:1979年(昭和54年)

1979年に起きた主な出来事

  • 立石電機(現:オムロン)が日本初の電子体温計を発売
  • テレビ朝日系列でアニメ「ドラえもん」放送開始
  • YMO(坂本龍一、高橋幸宏、細野晴臣)の2ndアルバム「SOLID STATE SURVIVOR」がオリコンチャート1位を記録

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  5. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  6. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  7. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  8. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  9. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  10. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る