新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」by 松崎順一

薄型と対極な奥行きをデザインしたビデオモニター 「SONY VIDEO MONITOR KX-4M1」

今回紹介する家電はなぜか前回紹介したPC-6001mkIIと同じ1983年製だ。蒐集していてなにと出会うかは全くの縁なので、同じ年代が続くのも偶然ではなく必然と思っている。

そんな同年代の家電製品だがSONYのビデオモニターKX-4M1だ。この製品は基本的にはモニター扱いの製品で、これに別売のチューナーパック「VT-M1」をドッキングするとテレビとして使える仕様になっている。

画面の大きさが4インチのKX-4M1の価格は、チューナーと合わせると11万5000円もした。インチ換算するとかなりの高額製品だったが、小型のビデオモニターは当時の家庭用テレビからするとスタイリッシュなデザインで、インテリアのツールとしてとても魅力的な製品だった。

また、KX-4M1はビデオモニターとしての使用が前提であったため、4インチという大きさながらトリニトロン菅の使用で鮮やかで繊細な画面に皆魅了されたのだ。

そしてこのビデオモニターの最大の特長は何と言っても本体の奥行きだ。現代の薄型テレビと対比するとその奥行きに驚いてしまうのだけど、KX-4M1は当時のブラウン管の奥行きという欠点を、デザインによって魅力溢れる製品に仕上げた良い例だと感じる。

家電はテクノロジーの進化によってその姿を変えていくが、それが全て魅力ある製品になるとは限らない。今回の製品は物質的、技術的に成熟した現代に相応しい家電製品とは何かを考えるきっかけになる感じがした。

SONY VIDEO MONITOR KX-4M1

発売時期: 1983年

1983年に起きた主な出来事

  • 大塚製薬が「カロリーメイト」発売。
  • NHK朝の連続テレビ小説「おしん」放映。
  • 郵便小包に「ゆうパック」の愛称が付けられる。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る