新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

ウォークマンという冠を外したポータブルカセットプレーヤー 「SONY STEREO CASSETTE PLAYER DD-100 BOODO KHAN」

梅雨という、一年で最もいやな季節が今年も到来した。僕の蒐集作業はほぼ屋外が主になるので、汚れるのと濡れるのとで精神的に疲労する。しかしそんな梅雨時でも探せばいろいろな物が入手できるのである。

ある地域の家電倉庫を発掘して入手したのが、今回紹介するSONY DD-100だ。もちろん倉庫に長年眠っていたものだが、新品で俗に言うデッドストックになる。

そしてこのDD-100はウォークマンの歴史の中でもこの機種専用の本格的なヘッドホンが付属した希少種で、ネーミングも何故か「武道館」と、ウォークマンという冠をあえて外したメーカーの意気込み? を感じる製品なのである。

この時代、ポータブルカセットプレーヤーの音質は既に申し分ないくらい高音質で、もの足りないのは低音域、そこに登場したのが重低音を売りにした「武道館」だったのだ。

SONYではこの時、DD-100以外に重低音を体感できる簡易ボディソニックシステムも「武道館」と称してシリーズ製品化している。まさにオーディオ界が重低音ブームだったことで誕生した製品なのだ。

さて製品自体を見ると本体はWALKMAN-DDの改良タイプと思われる。ブラックボディは見るからに重低音のイメージを彷彿させるさすがのデザイン処理だ。本体には武道館のロゴも立体で表現している凝りようだ。

このDD-100はカセットウォークマンの歴史の通過点の製品というよりも、ある意味ウォークマンの形をしていながら別次元のポータブルカセットプレーヤーとして製作された、存在感のある製品だ。

今回倉庫からは、このDD-100を含めて数点のSONY製品を発掘した。次回もその中からユニークな製品を紹介したいと思っている。

SONY STEREO CASSETTE PLAYER DD-100 BOODO KHAN

発売時期:1986年(昭和61年)

1986年に起きた主な出来事

  • スペースシャトル、チャレンジャー号爆発事故。
  • メキシコでFIFAワールドカップ開催。アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナが「5人抜き」や「神の手」ゴールなどのエピソードを生む。
  • エニックスがシリーズ第1作となるRPG「ドラゴンクエスト」を発売。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る