新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

音楽が離陸する、ミュージックヘリプレーヤー 「SONY COMPACT Hi Fi COMPORNENT SYSTEM Heli PLAYER PS-Q7」

デッドストックという言葉の響きは、蒐集家にとって一番惹かれるフレーズだ。

実は前回まで紹介してきたSONYの倉庫で、もう1点珍しい製品がデッドストックで発掘された。確認したところこれが本当に最後のストックらしい。

というわけで発掘されたデッドストック最後の製品「SONY PS-Q7」の紹介だ。

僕の中でこのPS-Q7は、1980年代にオーディオ売場で見たミニコンポの中で1番の異彩を放っていたのを覚えている。その異彩とはミニコンポの頂上に乗っていたPS-Q7からはみ出たLPレコードだった。コンポのサイズがおよそLPレコードの3分の2とLPよりも小さいためで、はみ出しながらLPが回転していたのだ。

そしてそのコンポのニックネームも「ヘリコンポ」と当時のSONYは弾けていた。実はPS-Q7のユニークさはそれだけではない。ヘッドホンアンプを内蔵しているのでコンポに接続せずとも単体で楽しめるのだ。

ポータブルプレーヤーではないから電池は入れられず、どこでもというわけにはいかないけれど、かなり自由な使い方ができるレコードプレーヤーだ。

そしてもう一つの隠し技が背面に付いたアンテナだ。えっ、なぜレコードプレーヤーにアンテナがと一瞬悩むが、それは単体で使用するとき、ヘッドホンではなくスピーカーで聴きたいシーンを想定してか、近くのラジオかラジカセにレコードの音をFM電波で飛ばすFMトランスミッターを内蔵しているためだ。そして電波を送信している間はON AIRの意味でアンテナの先端のLEDも光る凝りようだ。

コンパクトでデザインもすばらしく、機能まで心憎い仕様はさすがSONYと感心する。この良きDNAを現在のオーディオ製品にもぜひ生かしてほしいと思うのは僕だけではないはずだと思うのだ。

SONY COMPACT Hi Fi COMPORNENT SYSTEM Heli PLAYER PS-Q7

発売時期:1982年(昭和57年)

1982年に起きた主な出来事

  • ソニーが世界初のCDプレーヤー「CDP-101」を発売。
  • スティーヴン・スピルバーグ監督のSF映画「E.T.」が記録的な大ヒット。
  • 東北・上越新幹線が開業。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る