新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

時代を早く駆けすぎたカセットサイズのハンディワープロ「PLUS WORD RUNNER SUPER COMPACT WORD PROCESSOR」

蝉の鳴き声も少し落ちついて夏もそろそろ終わりそうな気配を感じるこの頃、蒐集にはもってこいの季節の始まりでもある。夏の間の蒐集は暑かったために探す時間も短く集まったものは少ないが、その中から今回は変わったワープロを紹介する。

ただ、これも箱のままお店の片隅に何十年も置かれていたため少し色褪せた箱入りで入手した。

この製品の一番の特徴は大きさだ。カセットテープケースと比較してみたが手のひらにすっぽり収まるコンパクトさである。

正直僕にはこの製品の記憶はないが、今見るとこの時代によく出たなと思えるほどハイスペック製品だ。

普通のワープロはキーボードで入力するが、WORD RUNNERはなんと手書き入力なのだ。そしてすごいところは作った文章をそのまま印字できるところだ。基本、1行印字ができるハンディワープロなのである。

写真で分かるように、知ってる方には懐かしいインクリボンを装着して紙をなぞるだけ。でも実際は真っ直ぐ印字するのは意外と難しく、綺麗に印字するには何らかのガイドが必要だったようだ。

一般的なデスクトップワープロはまだ何十万もした時代に、WORD RUNNERは2万円を切る価格で登場し、多少のニーズはあったのかもしれない。しかし当時を振り返るとこの頃、キングジムから今でも現役で有名な「テプラ」が登場するのである。

WORD RUNNERーはワープロというよりは、文字ラベルなどを作成するテープライターに近く、扱いやすさやコスパ等を比較してもテプラに軍配が上がった感は否めない。時代をあっという間を駆け抜けて消えていった不遇の製品だったのかも知れない。

PLUS WORD RUNNER SUPER COMPACT WORD PROCESSOR

発売時期:1987年(昭和62年)

1987年に起きた主な出来事

  • 世界の人口が50億人を突破
  • NECホームエレクトロニクスが家庭用ゲーム機「PCエンジン」発売
  • 日本国有鉄道(国鉄)が民営化。7社に分割され、JRグループ7社が発足

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る