新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

ポータブル電蓄を彷彿させる 子ども向けポータブルCD電蓄「SONY CD Compact Player D-5000 My first SONY」

2018年も「プロダクト一機一会」をよろしくお願い致します。

今までさまざまな家電を紹介してきたが2017年末、たまたま某テレビ番組で都内の家電店に眠っているお宝家電を発掘するといったロケをした時に、実は都内にある個人の電気店にはまだたくさん昔の家電の在庫が残っている事を発見した。とは言ってもかなり丹念に探さないとダメだが、日本全体に拡大するとその数はまだまだ凄い数が埋蔵されているのではと感じた。チャンスがあれば積極的にアプローチしたいと考えている。

そして本年スタートで紹介したいプロダクトは、SONYが1990年代に子ども向けに販売していた家電シリーズ「My first SONY」の中からポータブルCDプレーヤーのD-5000である。ポータブルプレーヤーというと70年代コロムビアが発売していたてんとう虫のデザインのポータブルレコードプレーヤーや、80年代前半オーディオテクニカの「サウンドバーガー」が有名だが、80年代後半に発売されたCDのスピーカー付きプレーヤーはこれしか記憶がない。これは定点観測している蒐集場所で廃棄寸前に入手したものだがコンディションは比較的良かった。

CDトレイの蓋の曲面のフォルムがとても未来的で子ども向けだけではもったいなかった製品だと感じる。SONYといえばAIBOが復活したばかりで、世の中ちょっとした復刻ブームだが、My first SONYのコンセプトを生かした製品も蘇ったら楽しいかなと密かに思っている。

SONY CD Compact Player D-5000 My first SONY

発売時期:1988年(昭和63年)

1988年に起きた主な出来事

  • 「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」が発売
  • オランダがインターネットに接続された2番目の国となる
  • 映画「となりのトトロ」が公開

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る