新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

語学用という名目でラジカセを楽しめた昭和のLL学習マシン 「SONY FM/AM RADIO CASSETTE-CORDER CF-1765」

蒐集家の基本の活動は屋外なので、今年の冬は寒すぎてかなり辛い。

昨年、以前から知り合いの方が独立して家電のヤードを埼玉県さいたま市に開いた。僕が以前からラジカセに目がなかったのを知っていて、開設後初めて訪れるとラジカセを集めてくれていた。

集まっていたラジカセはナショナルが圧倒的に多く、その次に東芝とソニーが少しと、当時売れていたメーカーのバランスが分かる。
僕がラジカセに興味を持ったのもこの頃で、僕も含め友達も一番に憧れたのはソニーだ。しかしソニーは値引がなく、街の一番大きい電気屋さんしか扱っていなかったので、仕方なく近所の電気店で購入していた。その電気店はナショナルのお店が一番多かったと思う。

そして、今回訪れた中で光っていた一品が今回紹介するソニーのLL1765だ。

見たところ使用感がなく、当時のタグも付いていてデッドストックのようだ。

このラジカセは当時、英会話の学習目的に販売され、モノラルなのに4トラック、2チャンネルという独自の録音方式を持っていた。

使い方はLL専用の教材や、片チャンネルに録音された先生の英会話に合わせて片チャンネルに自分の発声を録音し、同時に再生して聞き比べができるのだ。
しかし、今思うとLLラジカセを使って英語が上達した人は今まで会ったことがない。

このLLラジカセはモノラル機としては多機能で、みんな英会話学習という名目で親に買ってもらい、実際はラジオを聞いたり生録や多重録音したりとラジカセライフを楽しんでいたのだ。いつの時代もこの方程式は一緒だと思っています。

SONY FM/AM RADIO CASSETTE-CORDER CF-1765

発売時期:1974年(昭和49年)

1974年に起きた主な出来事

  • カシオ計算機が「カシオトロン」を発売
  • テレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト」第1作が放映
  • 気象庁のアメダスが運用開始

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る