新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

音質よりもアナログの味わいを楽しみたくなる卓上電蓄「COLUMBIA RADIO PHONOGRAPH MODEL 248」

家電を集める基準、筆者の場合はあくまでも第一印象だ。スペックではなく家電そのもののデザインに惹かれたときに購入を決意する。そして集めているほとんどのものが昔の家電のため、動作はほぼ確認なしで購入している。だからファクトリーに持ち帰って電源を入れると、半数近くはジャンクになる壊れたものが多い。しかし筆者としてはそれで十分で、蒐集家として求めているのはユニークな家電との出会いだけなのだ。

探すプロセスから出会うまでを楽しむのが蒐集家としての醍醐味だ。そのような訳でリサイクルショップなどにはほとんど行かず、独自のルートを日々開拓しながら活動している。

そんな中で比較的よく出会うのが、ポータブルのレコードプレーヤーだ。それらは1970年代製がほとんどだ。80年代にはCD、MDの登場によってポータブルレコードプレーヤーはほぼ絶滅したと言ってよい。そして今回紹介するのは日本コロムビアのラジオ付きポータブルレコードプレーヤー「MODEL 248」だ。素っ気ない型番が時代を物語っている。

日本コロムビアといえばてんとう虫型のプレーヤーが有名だが、ベーシックなタイプも意外といい感じだ。

オレンジ色が眩しい製品で当時は部屋の中で存在感を誇ったのだろう。製品自体はラジオとレコードプレーヤーの切り替えと操作ツマミというシンプルな構成だ。

レコードスピードの切り替えも黄色のレバーで分かりやすい。もちろんLPもOKだ。

そして電源はACと電池の2通りが可能で屋外でも活躍する。

そんな248は今見てもスタイリッシュなデザインで、使わなくてもインテリアとしても十分通用するアイテムだ。

COLUMBIA RADIO PHONOGRAPH MODEL 248

発売時期: 1970年代(データーがないため)

1970年代前半に起きた主な出来事

  • ビートルズ解散(1970年)
  • オーディション番組『スター誕生!』放映開始(1971年)
  • フランシス・コッポラ監督『ゴッドファーザー』が公開(1972年)

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る