新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

平成の世に登場した斬新すぎるフォルムとギミックのラジカセ 「SONY PERSONAL AUDIO SYSTEM ZS-D55」

家電蒐集家の僕が蒐集している家電は昭和のものだけではない。その基準は製品が発する魅力がデザインで表現されていることだ。そうした魅力が詰まったものは昭和の時代に多く存在するのだが、平成にもユニークな製品は多く存在すると思っている。そんな平成12年(2000年)に誕生したのがソニーのオーディオ機器「ZS-55」だ。今回も埼玉のリサイクルショップで購入した。この製品にはリモコンも付くが今回は本体のみだ。

ソニーは昭和から続く「ラジオカセットコーダー」という名称を、1990年代に登場したソナホークの型番「ZS」シリーズから「パーソナルオーディオシステム」という呼び名に変更している。ドデカホーンという「CDラジオカセットコーダー」もあったが1990年代にMDの普及に全力だったソニーが力を入れたのが「ZS」シリーズだった。そしてZS-D55は基本デザインや仕様等からみて1998年に発売された「ZS-M7」の後継機としての製品と思う。

では製品を見てみよう。シルバーボディーに幾何学的な面で構成されたカセット操作部はなんともユニークで、取っ手の造形も大胆なデザインだ。

そして正面の操作部はまるで1990年代のいすゞ「ピァッツァ」という車のサテライトスイッチを彷彿させる。オレンジやグリーンの照明もちょっと派手な演出を感じさせる。

ZS-D55はカセットとラジオとCDを装備し、CD部はバーティカルローディングという方式で開閉ボタンを押すとトレイが舌のように出てくるギミックが凝っている。そしてこの時代ならではの、CDをMDやDATに録音する光デジタル出力端子も装備している。

ZS-D55は中国製だが造りは良く音も悪くない。気になった方はぜひ1台ゲットして使ってみると楽しいかもしれない。

「SONY PERSONAL AUDIO SYSTEM ZS-D55」

発売時期: 2000年

2000年に起きた主な出来事

  • 「Microsoft Windows 2000」発売
  • 家庭用ゲーム機「PlayStation 2」発売
  • イチローが日本人野手初のメジャーリーガーになる

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る