新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

平成の世に登場した斬新すぎるフォルムとギミックのラジカセ 「SONY PERSONAL AUDIO SYSTEM ZS-D55」

家電蒐集家の僕が蒐集している家電は昭和のものだけではない。その基準は製品が発する魅力がデザインで表現されていることだ。そうした魅力が詰まったものは昭和の時代に多く存在するのだが、平成にもユニークな製品は多く存在すると思っている。そんな平成12年(2000年)に誕生したのがソニーのオーディオ機器「ZS-55」だ。今回も埼玉のリサイクルショップで購入した。この製品にはリモコンも付くが今回は本体のみだ。

ソニーは昭和から続く「ラジオカセットコーダー」という名称を、1990年代に登場したソナホークの型番「ZS」シリーズから「パーソナルオーディオシステム」という呼び名に変更している。ドデカホーンという「CDラジオカセットコーダー」もあったが1990年代にMDの普及に全力だったソニーが力を入れたのが「ZS」シリーズだった。そしてZS-D55は基本デザインや仕様等からみて1998年に発売された「ZS-M7」の後継機としての製品と思う。

では製品を見てみよう。シルバーボディーに幾何学的な面で構成されたカセット操作部はなんともユニークで、取っ手の造形も大胆なデザインだ。

そして正面の操作部はまるで1990年代のいすゞ「ピァッツァ」という車のサテライトスイッチを彷彿させる。オレンジやグリーンの照明もちょっと派手な演出を感じさせる。

ZS-D55はカセットとラジオとCDを装備し、CD部はバーティカルローディングという方式で開閉ボタンを押すとトレイが舌のように出てくるギミックが凝っている。そしてこの時代ならではの、CDをMDやDATに録音する光デジタル出力端子も装備している。

ZS-D55は中国製だが造りは良く音も悪くない。気になった方はぜひ1台ゲットして使ってみると楽しいかもしれない。

「SONY PERSONAL AUDIO SYSTEM ZS-D55」

発売時期: 2000年

2000年に起きた主な出来事

  • 「Microsoft Windows 2000」発売
  • 家庭用ゲーム機「PlayStation 2」発売
  • イチローが日本人野手初のメジャーリーガーになる

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る