新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

携帯電話のない時代のハンディコミュニケーションツール 「SONY ICB-650 Little John」

これでもかとまだまだ残暑が厳しい日々が続いている毎日、お盆は僕の行く収集ポイントは休みのところが多く、お盆でも開いているリサイクルショップなどを覗いている。

関東近県のリサイクルショップは、東京に近いエリアでも運が良ければ珍しいものと出逢うこともよくある。そして某ショップで出会って購入したのが、半世紀近く前に発売されたトランシーバーだ。

トランシーバー(無線通信機)はいろいろな種類があり、免許のいらない簡易的なものと、免許を申請すれば使用できる通称CB無線と呼ばれるもの、国家試験が必要なアマチュア無線があり、それぞれの違いは主には出せる電波の強さと使える電波帯だ。今回は子ども向けおもちゃのトランシーバーも見かけたがそれなりに楽しめる。

そして今回紹介するものはCB無線のトランシーバーとしてソニーが発売した「ICB-650」だ。CBとはCitizen Bandの略で通称「市民無線」と呼ばれている27MHz帯を使用する無線だ。細かい説明をするとそれで終わりそうなので全体感を見てみたいと思う。

大きさは一番初期の携帯電話のサイズよりもやや大きい。ショルダーベルトも標準装備している。デザインは顔に当てやすいくの字型になっている。

本体正面には送信チャンネルの切替スイッチと送信ボタンがほぼ中央に配置されている。さらにボリュームやスケルチ※は上部に配置され、アンテナも堅牢な造りで実用を重視した設計になっている。本体は防水仕様でさまざまな条件下で使用することが可能だ。

CB無線用トランシーバーといえば無骨なものも多かったが、ソニーが作ると流石に洗練されたデザインになる。当時一世風靡した製品だった。

※受信時にノイズをカットする装置。

「SONY ICB-650 Little John」

発売時期: 1972年

1972年に起きた主な出来事

  • コンコルドが東京国際空港(現:羽田空港)に飛来。
  • 刑事ドラマ『太陽にほえろ!』放送開始。
  • 最後の月面着陸となったアポロ17号打ち上げ。無事地球に帰還。

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る