新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

コンパクトだが屋内専用だったポータブルCDプレーヤー「CROWN COMPACT DISC PLAYER CD-70」

暑さもやっと落ち着き、秋の気配と思いきや一気に寒くなったりと近年の天候はかなり不順だ。こんな気候の中での収集は結構体にこたえる。ただ、涼しくなると廃棄されるものも増えて何が出てくるか分からず楽しみな季節でもある。

そして10月は出張で中国の深センに行ってきた。正確には広東省深圳市の隣にある東莞市というところだ。深センは中国のものづくりの街として最大の都市になっていて、街は活気に溢れ発展している感じが伝わってきた。隣接する東莞市も深センのものづくりのための工場がたくさんあり、中国の大手携帯メーカーHUAWEIの工場もあった。またこの地域は中国の中ではかなり南の方に位置しており毎日25度から30度はあったが、湿度が少なく快適な出張だった。

そして帰国後発見したのが今回紹介するCDプレーヤーだ。クラウン製の製品で汚れているが外箱もあり、取説は残念ながらなかったがほぼ未使用の状態で発掘することができた。

ただ、箱にも製品の詳細の記載がなく、年代等細かい部分は本体の仕様から推察している。

本体を取り出してみると黒でまとめられた精悍なイメージだが、細部の作りを見ると若干きゃしゃな感じがする。

本体上面のコンパクトディスクのロゴは初期のものだ。では電源を入れてみよう。電源はACのみでコードが直付けになっていて電池やアダプターは使えない。

電源は問題なく入り、CDトレイを開け愛蔵のCDをかけてみる。

LCDのディスプレイがトラック1を表示して再生が始まった。動作に特に問題はないようだ。

ちなみにスピーカーは内蔵されておらずHEAD PHONEジャックがある。さらにLINE端子もあってアンプなどに接続して使用できたようだ。今回のCDプレーヤーは当時の製品の中でも廉価なもののような感じで品質はまあまあだが、今の時代にこんなプレーヤーでCDを聴くのも悪くないと思っている。

「CROWN COMPACT DISC PLAYER CD-70」

発売時期: 1980年代後半(詳細不詳)

1980年代後半に起きた主な出来事

  • 1987年デビューの光GENJIがピンク・レディー以来の大ブーム
  • バラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』放送開始(1989年10月)
  • 横浜ベイブリッジ開通(1989年9月)

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る